アジア株反発-キプロス合意、中国石油化工の決算好感

25日のアジア株式相場は反発。キプ ロスが救済条件に合意したことに加え、中国石油化工( SINOPEC)の利益が市場予想を上回ったことが好感された。先週 のMSCIアジア太平洋指数は週間ベースで7カ月ぶりの大幅安だっ た。

SINOPECは2.6%高。円安を受けてソニーも買われた。オー ストラリア最大の建設会社レイトン・ホールディングスは、新会長の指 名を手掛かりに4.3%高。前会長は取締役会の独立性をめぐって株主と 対立し辞任していた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時17分現在、前週末 比0.9%高の135.52。

原題:Asian Stocks Climb on Cyprus Deal After Worst Week Since August(抜粋)

--取材協力:Rishaad Salamat.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE