キプロス議員がユーロ圏離脱検討すべきだと発言-ユーロ下落

キプロスのニコラス・パパドプロス 議員は、銀行システム再編を伴う救済合意後に同国のユーロ圏離脱につ いて検討する必要があると発言した。

またロイター通信は、キプロスの銀行再編計画はユーロ圏全体のひ な型と見なすべきだとのユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長、 ダイセルブルーム・オランダ財務相の発言を報じた。

これら発言を嫌気しユーロは下落。ニューヨーク時間午前10時17分 現在、対ドルで0.9%安の1ユーロ=1.2928ドル、対円で1%安の1ユ ーロ=121円51銭となっている。

原題:Euro Weakens as Cypriot Lawmaker Says Currency Exit Considered(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE