米アップル:屋内位置情報サービスのWiFiSLAMを買収

米アップルは、屋内にいる利用者の 位置情報を特定する技術を開発する米ベンチャー企業のWiFi SLAMを買収した。

アップルの広報担当、スティーブ・ダウリング氏は、買収を認めた 上で、「アップルは時に比較的小規模のテクノロジー企業を買収するこ とがあるが、通常は当社の目的や計画について言及しない」とコメント した。

アップルは最近、米グーグルに対抗しナビゲーション機能を改善す るため数件の買収を行っている。アップルは昨年、グーグルの地図ソフ トに代わり自社ソフトを採用したが、利用者から苦情の声や否定的な見 方が寄せられていた。同社のティム・クック最高経営責任者(CEO) は謝罪し、サービスを改善する意向を表明していた。

今回の買収については米紙ウォールストリート・ジャーナル( WSJ)が先に報じており、買収代金が約2000万ドル(約18億9400万 円)だと伝えていた。

原題:Apple Buys Indoor Location-Services Startup WiFiSLAM for Maps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE