キプロス議会、資本規制法案を可決-欧州財務相は24日会合か

キプロス議会は22日夜、資本規制や 銀行整理など9つの法案を可決した。欧州連合(EU)の支援を確保し て財政破綻を回避するため。

採決に先立ち、首都ニコシアではキプロス政府とEUなどの当局者 の協議の進展のない状態が1日続いた。議会は10万ユーロ超の銀行預金 にどのように課税するかについて23日に採決を行う可能性がある。全て の銀行預金に課税するとした当初の法案が否決されてから、4日が経過 している。銀行は1週間休業しており、26日に再開の予定。

アナスタシアディス大統領は、キプロスのユーロ圏残留を危うくし 始めている1週間もの手詰まり状態を打破しようとしている。欧州中央 銀行(ECB)は、キプロスが海外債権者を納得させる提案を25日まで に出さなければ、緊急の流動性供与を全て打ち切ると警告した。

欧州各国の財務相は最新のキプロスの提案について協議するた め、24日に会合するもようだ。

原題:Cyprus Approves Capital Controls as EU Ministers Prepare to Meet(抜粋)

--取材協力:Olga Tanas、Henry Meyer、Stepan Kravchenko、Scott Rose、Paul Abelsky、Maria Petrakis、Paul Tugwell、Marcus Bensasson、Georgios Georgiou、Jana Randow、Stefan Riecher、Mark Deen、James G. Neuger、Rebecca Christie、Shamim Adam、Thomas Penny、Tony Czuczka、Alan Crawford、Elena Logutenkova.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE