3月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが1.30ドルに上昇-キプロス不安後退

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで一時、1週間ぶり に1.30ドルに上昇した。キプロスが金融崩壊を回避し、域内での危機感 染を防ぐための合意に近づきつつあるとの楽観が広がった。

ユーロは主要16通貨全てに対して値上がり。キプロス議会は金融支 援確保を目指し、法案を可決した。

ポンドはドルに対して上げを縮小。格付け会社フィッチ・レーティ ングスが英国の最上級格付けを引き下げ方向で見直すと発表したことが 嫌気された。

アジア通貨は週間ベースで5週続落と、6月以来の長期下落局面と なった。欧州の混乱で高リターン資産への需要が後退しているのが背景 だ。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの主任市場アナリス ト、オマー・エシナー氏(ワシントン在住)は「ユーロが戻したのは、 キプロスと欧州連合(EU)が何らかの形で合意するとの楽観的な見方 が背景にある」とし、「今は様子見モードだ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.8%高 の1ユーロ=1.2989ドル。一時、15日以降で初めてとなる1.30ドルを付 けた。対円では0.3%上げて122円73銭。一時0.8%安となる場面もあっ た。円は対ドルで0.5%上昇し1ドル=94円46銭。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドや大 口投資家によるユーロのネットショートは19日に4万4884枚。前週は2 万4787枚だった。

英国「ウォッチネガティブ」

英国はフィッチ・レーティングスから付与されている最上級格付け を失う方向に一歩近づいた。オズボーン英財務相は今週、債務が従来想 定していた以上に膨らむとの見通しを示している。

フィッチは22日、英国の格付けを引き下げ方向で見直す「ウォッチ ネガティブ」に指定したと発表した。

ポンドは対ドルで0.4%高の1ポンド=1.5230ドル。一時1.5248ド ルに上げた。対ユーロでは0.3%下げて1ユーロ=85.29ペンス。

キプロス議会は資本統制や連帯基金に関する法案を可決した。

ユーロ見通し

ユーロは週間ではドルに対し0.7%、円に対しては1.5%それぞれ下 げている。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ニューヨーク)の世界為替戦略 責任者、マーク・チャンドラー氏は「キプロスのニュースを受けて今週 初めにユーロを売ろうとした投資家は、それほど満足のいく結果とはな らなかった」とした上で、「きょうの動きは、週末を控えたポジション 調整だ。今週見られた底堅い動きは、来週上昇することを意味してい る」と続けた。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ユーロは過去1カ月に1% 下落。円は0.5%下げ、ドルは0.8%上げた。

原題:Euro Rises to $1.30 on Speculation Contagion Will Be Contained(抜粋)

◎米国株:上昇、ナイキやティファニーの決算を好感

22日の米国株は上昇。スポーツ用品のナイキや高級宝飾品小売り ティファニーの決算が予想を上回ったことが好感された。キプロスが 救済融資の確保に必要な法案を可決するとの楽観が広がったことも買 いを促した。

ナイキは上昇。2012年12月-13年2月(第3四半期)決算では収益 性の改善が示された。ティファニーはアジア太平洋地域の好調な需要を 背景に四半期決算が予想を上回り、株価は上昇した。アップルも高い。 株価が50日移動平均を上回ったことが好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.7%高の1556.89。ダウ工業株30種 平均は90.54ドル(0.6%)高の14512.03ドル。

ノーザン・トラストのチーフ投資ストラテジスト、ジェイムズ・マ クドナルド氏は(シカゴ在勤)は、「企業レベルではまだ、景気に勢い があり、投資家が引き続き米国の成長に前向きな見方を維持しているこ とがわかる。それが株価を支えているのだろう」と述べ、今週は「先週 までの大幅な上げで一息ついてる。欧州への懸念が強まったことも投資 家が若干、投資を控える理由となった」と続けた。

キプロスをめぐる不透明感やユーロ圏製造業の縮小が域内債務危機 への懸念を再燃させ、S&P500種は週間ベースで今年2度目の下落と なった。

キプロスの救済

キプロス議会は国際支援の確保と金融システム崩壊阻止に必要な法 案について審議している。キプロス政府の広報担当官によると、欧州連 合(EU)欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金 (IMF)のいわゆるトロイカとの交渉は大詰めを迎えている。

ECBはキプロスの銀行向けの緊急資金供給について、トロイカと の合意がない限り26日以降は停止する方針を示した。

ユーロ圏財務相は21日の電話会議後の声明で、支援実行の条件であ る58億ユーロをどのように調達するかに関してキプロス政府が「可能な 限り迅速に」新たな提案を行うよう期待すると表明した。

S&P500種は2009年の底値の2倍を上回り、米株式の強気相場は 今月、5年目に突入した。量的緩和策を背景に株価が上昇した。

産業別10指数がいずれも上昇

S&P500種産業別10指数はいずれも上昇した。米国株オプション の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ 指数(VIX)は3%低下して13.57 。年初からは25%低下した。

ナイキは11%高。同社第3四半期の粗利益率は9四半期ぶりに拡大 した。

ティファニーは1.9%高。2012年11月-13年1月(第4四半期)決 算では、アジア太平洋地域の売上高は13%増加して2億5400万ドル。シ ンガポールや中国、オーストラリアでの新規出店が寄与した。

アップルは2%上昇。終値は昨年10月4日以来初めて50日移動平均 を上回った。

米半導体メモリー最大手、マイクロン・テクノロジーは11% 高。2012年12月-13年2月(第2四半期)決算は売上高が前年同期 比3・4%増の20億8000万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予 想平均は19億1000万ドルだった。半導体出荷が回復した。

原題:U.S. Stocks Rise on Earnings Reports Amid Cyprus Bailout Debate(抜粋)

◎米国債:週間で2週連続高、キプロス懸念で逃避需要

米国債相場は週間ベースで2週連続高となった。キプロスの財政 混乱で欧州のソブリン債危機が悪化するとの懸念から逃避需要が強ま った。

この日はキプロスが欧州連合(EU)主導の救済で合意に近づいて いるとの見方から国債相場は下げた。キプロス当局者が数時間以内に合 意に達する可能性があると発言したものの、10年債利回りは6日連続で 2%を下回る水準で推移した。キプロス議会は資本統制に関する法案を 可決した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの米金利戦略責任 者、プリヤ・ミスラ氏は「キプロスが全てだ。上昇を支援するような経 済指標は発表されていない。かろうじてだが、経済データは強い。これ は市場が欧州のリスクプレミアムをほんのわずかしか織り込んでいなか ったことを意味している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比1ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.93%。週間では6bp低下 した。10年債(表面利率2%、2023年2月償還)価格はこの日、1/8下 落の100 21/32。

30年債利回りは今週、6bp低下の3.15%。この日は2bp上昇し たが、一時は2bp低下する場面もあった。

「買いが入りやすい」

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「市場はニュース 主導で動いており、現在は風がどちらに吹くかを見極めようとしてい る。キプロスで間もなく何かが起こるとの期待はあるものの、地政学リ スクを予想するのは困難だ。そのため、米国債市場では買いが入りやす い状態が続くだろう」と述べた。

10年債利回りは5日連続で50日移動平均を下回った。移動平均はモ メンタム(勢い)を示し、方向転換を示唆するとの見方もある。同利回 りは終値ベースで1日に1.84%、11日に2.06%を付け、今月のレンジ は22bp内にとどまっている。

10年債利回りは年初からなお17bp上昇しており、このままいけば 2年ぶりに2四半期連続の上昇となる。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファ ンドなど大口投機筋が保有するシカゴ商品取引所(CBOT)での10年 債先物の売越幅は19日終了週に3295枚に減少した。買い越しから売り越 しに転じた12日終了週は5万4051枚の売り越しだった。

キプロス

欧州とキプロスの当局者は同国の財政破たん回避に向け協議してい る。

キプロス議会は58億ユーロ(約7120億円)を調達する計画の銀行預 金課税の法案を否決。預金課税は100億ユーロ規模の支援の条件だっ た。欧州中央銀行(ECB)はキプロスが25日までに救済策で国際債権 団と合意できなければ、銀行への緊急流動性支援を同日で打ち切ると通 告している。

キプロス議会はこの日、資本統制と連帯基金に関する法案を可決し た。これはユーロ圏と国際通貨基金(IMF)からの支援確保に向けた 取り組みの一環。議会は銀行再編を含む他の7本の法案についても審議 している。

原題:Treasuries Rise Second Week as Cyprus Crisis Fuels Haven Demand(抜粋)

◎NY金:反落、キプロス解決期待で価値保存の買いが後退

ニューヨーク金先物相場は反落。キプロス議会が救済合意に必要 な措置を審議していることを背景に、価値保存手段としての金買いが 下火になった。

キプロスの与党・民主運動党(DISY)のネオフィトゥ副党首は 「数時間内に」救済パッケージの枠組みが決まる可能性があると述べ た。欧州の債務危機が深刻化するとの懸念を一因に、金は過去3週間、 上昇基調にあった。

オプションセラーズ・ドット・コム(フロリダ州)の創業者、ジェ ームズ・コーディアー氏は電話取材に対し、「何らかの解決策が打ち出 される気配を市場は嗅ぎ取っている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.5%安の1オンス=1606.10ドルで終了。週間では0.8% の上昇。週間ベースでの3週連続高は過去6カ月で最長となった。

原題:Gold, Silver Fall as Cypriot Lawmakers Debate Bailout Steps(抜粋)

◎NY原油:反発、キプロス救済期待と米経済への楽観で

ニューヨーク原油先物相場は反発。ウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)に対する北海ブレント原油の上乗せ価格は 縮小。昨年7月以来の最小となった。キプロス救済合意に向けた進展 への期待と、米経済が改善しつつあるとの見方が背景にある。

WTI原油は週間ベースでは3週連続高。キプロスの金融システム 崩壊を回避するための交渉は正しい方向に進んでいるとの議員発言を好 感し、ユーロは対ドルで上昇した。前日に米労働省が発表した新規失業 保険申請統計では、4週移動平均が5年ぶりの低水準となった。ドイツ の景況感が予想外に悪化したことを受け、ブレントはWTIより出遅れ る展開となっている。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニアマーケッ トアナリスト、フィル・フリン氏は「ユーロの堅調と、キプロスと欧州 が瀬戸際で合意するとの期待で、原油が上昇している」と指摘。「欧州 経済が心配されている状況でブレントが上昇することはない。米経済の 方はずっと堅調だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.26ドル(1.36%)高の1バレル=93.71ドルで終了した。週間で は0.3%の値上がり。

原題:WTI Oil Rises, Shrinks Discount to Brent to Smallest Since July(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず、キプロス情勢を注視-週間は値下がり

22日の欧州株式相場は前日からほぼ変わらず。キプロスは100億ユ ーロ規模の救済策を確保する方策を模索している。指標のストックス欧 州600指数は週間ベースで、1カ月ぶりに下げた。

ノルウェーのサーモン養殖会社マリンハーベストは5カ月近くで最 大の値上がり。需給逼迫(ひっぱく)と価格上昇で利益見通しが改善し た。一方、ドイツのトラックメーカー、マンは5カ月ぶり大幅安。同社 経営権の完全取得を目指す独自動車メーカーのフォルクスワーゲン (VW)は、マン株主に1株当たり80.89ユーロの買収額提示を計画し ている。英高級バッグのマルベリー・グループは昨年10月以降で最もき つい下げ。通期売上高と利益が予想に届かないとの見通しを示した。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の294.04で終了。一時 は0.3%上げた。前週末比では1.1%安。前週までは4週連続で値上がり していた。ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の構成銘 柄の売買高は30日平均を0.9%上回った。

モンテーニュ・キャピタル(パリ)のファンドマネジャー、アルノ ー・スカルパシ氏は「キプロス情勢を見守っている。解決策が見いださ れるだろうと思う」と語った。

キプロスでは、救済融資を受けるために必要な法案の審議が進んで いる。欧州中央銀行(ECB)は救済合意ができなければ、キプロスの 銀行への緊急流動性支援を25日までで打ち切ると通告した。

22日の西欧市場では18カ国中11カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Little Changed as Cyprus Seeks Bailout Agreement(抜粋)

◎欧州債:イタリア債上昇、キプロス問題の解決に期待-独債下落

22日の欧州債市場ではイタリアとスペインの国債が上昇。キプ ロスが救済合意に近づいているとの兆候を背景に、連続3日で買い が入った。

イタリア国債は週間ベースでも上昇。キプロスの与党・民主運 動党(DISY)のネオフィトゥ副党首は、数時間以内に議会で合 意が成立するとの見通しを示した。今週初めには、救済の条件であ る銀行預金課税法案をキプロスが模索する中で欧州債務危機が再燃 するとの懸念から、周辺国債は下げていた。ドイツ10年債は下落 し、同利回りは11週間ぶり低水準から上昇した。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、マイケル・ライスター氏 (ロンドン在勤)は「キプロス問題の急速な表面化で月曜と火曜に 下げたが、市場は買いの好機と受け止めた」とし、「現状でこうし た動きが一本調子で続くとは思われないが、週末にキプロスが合意 すれば、スペインとイタリア国債が一段高となる余地が出てくる」 と語った。

ロンドン時間午後4時59分現在、イタリア10年債利回りは 前日比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

4.52%。前週末比では8bp下げた。同国債(表面利率5.5%、 2022年11月償還)債は0.565上げ107.985。同年限のスペ イン国債利回りは3bp下げ4.85%。前日までの2営業日で16b p下げていた。

欧州連合(EU)が100億ユーロ(約1兆2270億円)の救 済融資の条件とした銀行預金課税の法案をキプロス議会が否決した 後、同国政府は手詰まり状態を打破するための方策を模索している。 欧州中央銀行(ECB)はキプロスが国内銀行の支払い能力を確実 にする計画を25日までに整えなければ、同国銀行への緊急流動性 の供与を打ち切ると通告した。

ドイツ10年債利回りは1bp上昇の1.38%。一時は

1.34%と、1月2日以来の低水準を付けた。

英国債相場は今週上昇し、2週続伸となった。10年債利回りは 前週末比9bp低下の1.85%。前日比ではほぼ変わらず。同国債 (表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は99.14。

原題:Italian Bonds Gain Amid Optimism Cyprus Will Reach Bailout Deal(抜粋) Pound Falls Versus Euro on Bets Cyprus Contagion to Be Contained(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE