米国株(22日):上昇、ナイキやティファニーの決算を好感

22日の米国株は上昇。スポーツ用品 のナイキや高級宝飾品小売りティファニーの決算が予想を上回ったこと が好感された。キプロスが救済融資の確保に必要な法案を可決するとの 楽観が広がったことも買いを促した。

ナイキは上昇。2012年12月-13年2月(第3四半期)決算では収益 性の改善が示された。ティファニーはアジア太平洋地域の好調な需要を 背景に四半期決算が予想を上回り、株価は上昇した。アップルも高い。 株価が50日移動平均を上回ったことが好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.7%高の1556.89。ダウ工業株30種 平均は90.54ドル(0.6%)高の14512.03ドル。

ノーザン・トラストのチーフ投資ストラテジスト、ジェイムズ・マ クドナルド氏は(シカゴ在勤)は、「企業レベルではまだ、景気に勢い があり、投資家が引き続き米国の成長に前向きな見方を維持しているこ とがわかる。それが株価を支えているのだろう」と述べ、今週は「先週 までの大幅な上げで一息ついてる。欧州への懸念が強まったことも投資 家が若干、投資を控える理由となった」と続けた。

キプロスをめぐる不透明感やユーロ圏製造業の縮小が域内債務危機 への懸念を再燃させ、S&P500種は週間ベースで今年2度目の下落と なった。

キプロスの救済

キプロス議会は国際支援の確保と金融システム崩壊阻止に必要な法 案について審議している。キプロス政府の広報担当官によると、欧州連 合(EU)欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金 (IMF)のいわゆるトロイカとの交渉は大詰めを迎えている。

ECBはキプロスの銀行向けの緊急資金供給について、トロイカと の合意がない限り26日以降は停止する方針を示した。

ユーロ圏財務相は21日の電話会議後の声明で、支援実行の条件であ る58億ユーロをどのように調達するかに関してキプロス政府が「可能な 限り迅速に」新たな提案を行うよう期待すると表明した。

S&P500種は2009年の底値の2倍を上回り、米株式の強気相場は 今月、5年目に突入した。量的緩和策を背景に株価が上昇した。

産業別10指数がいずれも上昇

S&P500種産業別10指数はいずれも上昇した。米国株オプション の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ 指数(VIX)は3%低下して13.57 。年初からは25%低下した。

ナイキは11%高。同社第3四半期の粗利益率は9四半期ぶりに拡大 した。

ティファニーは1.9%高。2012年11月-13年1月(第4四半期)決 算では、アジア太平洋地域の売上高は13%増加して2億5400万ドル。シ ンガポールや中国、オーストラリアでの新規出店が寄与した。

アップルは2%上昇。終値は昨年10月4日以来初めて50日移動平均 を上回った。

米半導体メモリー最大手、マイクロン・テクノロジーは11% 高。2012年12月-13年2月(第2四半期)決算は売上高が前年同期 比3・4%増の20億8000万ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予 想平均は19億1000万ドルだった。半導体出荷が回復した。

原題:U.S. Stocks Rise on Earnings Reports Amid Cyprus Bailout Debate(抜粋)

--取材協力:Sarah Jones.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE