香港株(終了):下落-週間では11月以来の2週続落

香港株式相場は下落。週間ではハン セン指数が昨年11月以来の2週続落となった。キプロスは財政破綻を避 けられないとの懸念が広がった。

欧州最大の銀行HSBCホールディングス(5 HK)は1.2%安。欧 州を最大の市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)も下げた。エネルギー生産で中国最大のペトロチャイナ(中国石 油、857 HK)は1.4%下落。2012年通期の利益がアナリスト予想を下回 った。

中国2位の携帯電話サービス会社チャイナ・ユニコム(中国聯 通、762 HK)は、3.7%上昇。2012年10-12月(第4四半期)の利益が 市場予想を超える伸びとなった。北米を最大市場とする電動工具メーカ ーのテクトロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK)も上げ た。

ハンセン指数は前日比110.58ポイント(0.5%)安の22115.30で終 了。週間ベースでは1.9%下落。ハンセン中国企業株(H株)指数は前 日比0.4%安の10896.48で引けた。

RBCインベストメント・マネジメント(アジア)のアジア株式責 任者、武田洋二氏(香港在勤)は、欧州で何か本当に悪いことが起きれ ば、「リスクオフ」の状況となるので、どの市場にとってもプラスでは ないと指摘。そうした状況になる確率は高くないものの、注視する必要 があると述べた。

原題:Hong Kong Stocks Cap First 2-Week Loss Since November on Cyprus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE