アジア株:下落、週間ベースで昨年10月以来の大幅安

22日のアジア株式相場は下落。こ のままいけばMSCIアジア太平洋指数は週間ベースで昨年10月以来の 大幅下落となる。キプロスをめぐる混乱で欧州債務危機悪化の懸念が強 まった。

円相場の上昇を受けて、売り上げの75%以上を海外で稼ぐブリヂス トンが安い。欧州最大の銀行HSBCホールディングスは香港市場 で1.4%安。一方、オーストラリアのスポーツウエアメーカー、ビラボ ン・インターナショナルは反発。前日は14%下落していた。同社に買収 提案を行う可能性のある2グループが同社になお関心があることを明ら かにした。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時27分(日本時間同3 時27分)現在、前日比0.7%安の134.2。このままいけば週間ベースの下 落率は1.8%となる。日経平均株価の終値は297円16銭安の1万2338円53 銭。

原題:Asia Stocks Head for Largest Weekly Drop Since October on Cyprus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE