北海ブレント原油、WTIとの価格差が過去8カ月間で最小

北海ブレント原油のウェスト・テキ サス・インターミディエート(WTI)に対する価格差が過去8カ月間 で最小にまで縮小した。石油コンサルタント会社オイルー・ムーブメン ツによると、アジアの製油所が点検のピークを迎えているため4月上旬 までの石油輸出国機構(OPEC)の原油輸出は減少する見込み。

ブレントは小動き。前日の通常取引は1.2%下落した。オイル・ム ーブメンツの週間報告によると、4月6日まで4週間のOPEC原油輸 出は0.2%減少する見込み。リビア国営LANA通信によると、紛争の ため油田2カ所が閉鎖された。キプロス議会は救済策を受けるための議 案審議を22日に開始する。

ICEフューチャーズ・ヨーロッパ(ロンドン)のブレント先物5 月限はシンガポール時間午前8時33分(日本時間同9時33分)現在、21 セント安の1バレル当たり107.26ドル。全先物の取引高は100日平均 を83%下回った。前日の通常取引は1.25ドル安の107.47ドルで引けた。 WTIに対する価格差は14.68ドルに縮小した。19日には14.93ドルまで 縮小し、昨年7月以来の小ささだった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI5月限は13セント 高の92.58ドル。全先物の取引高は100日平均を60%下回った。前日の通 常取引は1.05ドル安の92.45ドルで引けた。今週に入ってからは0.9%下 落。週間ベースでは3週間ぶりの下落。

原題:Brent Oil Premium to WTI Drops to Lowest Level in Eight Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE