NY銅:下落、供給過剰を懸念-世界在庫は03年以来の高水準

21日のニューヨーク銅先物相場は下 落。銅在庫が2003年以来の高水準に達し、世界的に供給過剰な状態が示 される中、銅相場はこの5営業日で4日目の値下がりとなった。

米国とロンドン、上海の各取引所の指定倉庫の銅在庫の合計は年初 から45%増え、03年11月以来最も高い水準となっている。国際銅研究会 (ICSG)は21日、昨年12月は精錬銅の生産が需要を16万8600トン上 回り、余剰分は過去6年で最大になったと発表した。

ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のチーフマ ーケットストラテジスト、ティモシー・エバンス氏は電話インタビュー で、「供給が引き続き相場の重しになっている」と述べた上で、「経済 の堅調さを示す指標が幾つか出ているが、供給をめぐるセンチメントを 変えるほどではない。供給が今後も相場を左右するだろう」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比0.3%安の1ポンド=3.435ドル。年初来では約6% 値下がりしている。

原題:Copper Falls as Global Inventories Swell to Highest Since 2003(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE