米ナイキ:12-2月期利益は市場予想上回る-北米の需要好調

スポーツ用品最大手、米ナイキ の2012年12月-13年2月(第3四半期)決算は利益がアナリストの予想 を上回った。北米で靴や用具の需要が好調だった。

21日の発表資料によると、継続事業による純利益は6億6200万ドル (約630億円)と、前年同期の5億6900万ドルから16%増加。同ベース の1株利益は73セントとなった。ブルームバーグがまとめたアナリス ト20人の予想平均は67セントだった。

海外の一部地域で売上高は伸び悩んだが、ナイキにとって最大の市 場である北米では堅調さを維持し、ランニングシューズの需要を追い風 に売上高が18%増えた。一方、中国の売上高は10%減と、3四半期連続 で減った。

ニューヨーク時間午後4時28分(日本時間22日午前5時28分)現 在、ナイキの株価は時間外取引で8.6%高の58.21ドル。

3月から7月までの「ナイキ」ブランドの受注は為替変動の影響を 除き7%増と、ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想平 均4.7%増を上回った。1年前は18%増だった。

ナイキは人経費と材料費の上昇を背景に収益性改善に取り組んでい る。昨年には、赤字を出していたファッションブランド「コールハー ン」とサッカー用品ブランド「アンブロ」の売却を決めた。

原題:Nike Profit Tops Estimates Amid Footwear Demand in North America(抜粋)

--取材協力:Courtney Dentch.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE