3月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ4カ月ぶり安値付近、キプロス不安-円は上昇

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し4カ月ぶり安 値付近で推移。キプロスでは金融支援を確保し、銀行システムの崩壊を 防ぐための計画策定に向けた動きが出ている。

ユーロは主要16通貨の大半に対して値下がり。欧州中央銀行 (ECB)はキプロスが25日までに救済策で国際債権団と合意できなけ れば、銀行への緊急流動性支援は同日までで打ち切ると表明した。米格 付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、キプロスの長 期ソブリン信用格付けを1段階引き下げた。この日は3月のユーロ圏総 合景気指数、およびドイツの製造業景気指数で活動の縮小が示された。 これも手掛かりにユーロは軟調な展開が続いていた。円は上昇。日本銀 行の黒田東彦新総裁が大胆な金融緩和を追求する方針を示したものの、 円は買い進まれた。

シティグループのG10通貨戦略担当責任者、グレッグ・アンダーソ ン氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し「キプロスは代替案策定に 取り組んでいるが、順調に進んでいない」と指摘。「今週ECBは流動 性を供給すると協力的な姿勢を示したが、今ではその流動性支援を25日 までで打ち切る可能性も明らかにしている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%安 の1ユーロ=1.2899ドル。19日には1.2844ドルと、昨年11月22日以来の 安値に下げた。対円ではこの日1.4%下げて122円42銭。円は対ドル で1.2%値上がりし1ドル=94円90銭。

経済指標

英マークイット・エコノミクスが21日発表した3月のユーロ圏総合 景気指数(速報値)は46.5と、前月の47.9から低下した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は48.2だった。同指 数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

同指標の発表後、JPモルガン・チェースのエコノミスト、グレッ グ・ファゼシ氏は2013年のユーロ圏の経済成長率見通しをマイナ ス0.6%と、従来のマイナス0.2%から同社が下方修正したと説明。また ECBが6月に利下げするとの予想を示した。

3月のドイツ製造業景気指数は48.9(前月50.3)と、事前予想に反 して低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の中 央値では50.5が見込まれていた。

ウエストパック銀行のチーフ為替ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は電話取材で「景気指数の低下、 特にドイツの指数低下でECBの緩和の可能性は高まる」とし、「ユー ロには非常に大きなマイナス材料だ」と続けた。

S&Pはキプロスの長期ソブリン債信用格付けを「CCC」とし、 従来の「CCC+」から引き下げた。また見通しは「ネガティブ」とし た。

円相場

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は年初来で6.7%下落。日銀が新総裁の下で金融緩和を推進 するとの観測が背景にある。黒田総裁はこの日、「量的ならびに質的な 緩和を進める」との方針を示した。

クレディ・スイスによれば、円が対ドルで鍵となる下値支持線を割 り込んだ場合、4-6月(第2四半期)にほぼ4年ぶり安値に下げる可 能性がある。同社のテクニカル・アナリスト、デービッド・スネドン氏 は96円71銭を下げ試す形となり、この水準を割り込んだ場合、09年4月 以来の安値である100円まで下げる可能性があると予想している。

原題:Euro at Almost Lowest in Four Months as Cyprus Seeks Rescue Plan(抜粋)

◎米国株:下落、欧州危機の深刻化を懸念-好調な米統計より重視

21日の米国株は反落。米国で予想より強い経済統計が発表された が、欧州の債務危機に対する懸念がこれを上回った。

ビジネスソフトウエアのオラクルは下落。売上高と利益が予想を下 回ったことが嫌気された。ネットワーク機器メーカーのシスコシステム ズとジュニパー・ネットワークスはアナリストによる投資判断引き下げ を材料に売られた。一方、オンライン検索のヤフーはオッペンハイマー の投資判断の引き上げで上昇した。

S&P500種株価指数は前日比0.8%安の1545.80。ダウ工業株30種 平均は90.24ドル(0.6%)下落して14421.49ドル。

RWベアード(ミルウォーキー)のチーフ投資ストラテジスト、ブ ルース・ビトルズ氏は「欧州から気がかりなニュースが流れ、相場を不 安定にすることもあるだろう」と述べ、「米国経済は今よりもある程度 改善するだろうが、それでも今年の成長は総じて緩慢なペースだろう。 この環境にしては市場は非常に好調と言えよう」と続けた。

3月のドイツ製造業景気指数が事前予想に反して低下したほか、ユ ーロ圏のサービス業と製造業を合わせた経済活動の縮小ペースがエコノ ミスト予想に反して悪化したことが材料となり、株価は下落した。

キプロスの救済

欧州中央銀行(ECB)はキプロスの銀行向けの緊急資金供給につ いて、26日以降は停止する可能性を示した。

米ブリンマー・トラストで約60億ドル相当の資産運用に携わるエリ ック・ソーン氏は「欧州の債務をめぐる状況では何一つ解決されてはい ないと感じる」と述べ、「ユーロ圏や問題を抱える周辺国は、相場の上 昇をいったん止める十分な理由になり得るだろう」と続けた。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した2月の中古住宅販売件数 (季節調整済み、年換算)は、前月比0.8%増の498万戸と、2009年11月 以来の高水準だった。

また労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週比2000件増の33万6000件だった。米民間調査機関コンファ レンス・ボードが発表した2月の米景気先行指標総合指数(LEI)は 前月比で0.5%上昇した。

産業別10指数のうち9指数が下落

S&P500種の産業別10指数のうち9指数が下落。素材株やテクノ ロジー株の下げが特にきつかった。米国株オプションの指標であるシカ ゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX) は10%上昇して13.99。同指数は年初からは22%低下している。

オラクルは9.7%安。売上高と利益がアナリストの予想を下回っ た。顧客がウェブベースのクラウドに転換し、オラクルのサーバーやデ ータベース、関連ソフトへの依存度低下にラリー・エリソン最高経営責 任者(CEO)は苦しめられている。

シスコは3.8%下落、ジュニパーは2.2%下げた。FBRキャピタ ル・マーケッツは両社の株式投資判断を「マーケットパフォーム」から 売りと同等とされる「アンダーパフォーム」に引き下げた。FBRのア ナリスト、スコット・トンプソン氏はリポートで、競争の激化はネット ワークに設置されるルーターやスイッチの数が緩やかかつ「本格的」に 減少することを意味すると指摘した。

ヤフーは3.5%上昇。オッペンハイマーは、ヤフー・ジャパンの株 価と中国の電子商取引会社アリババ・ドット・コムによる今後12カ月以 内の新規株式公開(IPO)の可能性を理由にヤフーの株式投資判断を 「マーケットパフォーム」から買い推奨を示す「アウトパフォーム」に 引き上げた。

住宅建設のKBホームは2.5%高。2012年12-2013年2月(第1四 半期)決算では、赤字が前年同期から縮小した。住宅建設の回復に伴う 価格上昇や販売拡大が寄与した。

原題:U.S. Stocks Slide as Europe Overshadows American Economic Data(抜粋)

◎米国債:反発、キプロス問題で逃避-ユーロ圏の混乱深刻化を懸念

米国債相場は反発。キプロスの銀行危機でユーロ圏の債務をめぐる 混乱に拍車が掛かるとの懸念を背景に、逃避需要が強まった。

米経済の改善を示す指標が発表された後も国債は堅調を維持し た。10年物インフレ連動国債(TIPS)の入札では落札利回りが8回 連続でマイナスとなった。米金融緩和でもインフレ高進は起きないとの 楽観に疑いが生じていることが背景。欧州中央銀行(ECB)はキプロ スに対し、救済策で国際債権団と合意できなければ同国の銀行への緊急 流動性支援を打ち切ると最後通告した。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「キプロスは小さな国だが、ユーロ圏の懸念事項と しては十分に大きい」と指摘。「バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長から政策変更に関することは聞かれなかった。ユーロ圏 情勢の結果は不透明で、投資家は不安感から米国債に買いを入れ続けて いる」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.91%。10年債(表面利率 2%、2023年2月償還)価格は13/32上げて100 25/32。

10年債利回りは4日連続で50日移動平均を下回った。移動平均はモ メンタム(勢い)を示し、方向転換を示唆するとの見方もある。終値ベ ースで同利回りは今月、1日に付けた1.84%と11日に付けた2.06%の22 bpのレンジ内にとどまっている。

30年債利回りは7bp低下の3.13%。前日は7bp上昇した。

キプロス

キプロスは58億ユーロ(約7120億円)を調達する計画だった銀行預 金課税の法案を議会が否決した後、事態打開を図っている。預金課税 は100億ユーロ規模の支援の条件だった。ECBはキプロスが25日まで に救済策で国際債権団と合意できなければ、銀行への緊急流動性支援を 同日で打ち切ると通告した。

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はキプロスの格付けを 「CCCプラス」から「CCC」に引き下げた。キプロス議会の議長は 新たな銀行改革法案が22日に審議されると明らかにした。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「キプロスの対 応が遅れるほど、感染症に対する市場の不安は強まる。それが引き続き 米国債の支援材料になっている」と指摘した。

米経済指標

米国債は2月の中古住宅販売件数を受けて伸び悩む場面もあった。 全米不動産業者協会(NAR)によると、販売件数は前月比0.8%増 の498万戸と、2009年11月(544万戸)以来の高い水準となった。

労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週比2000件増の33万6000件。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想の中央値は34万件だった。フィラデルフィア地区の 製造業活動は3月に予想外に拡大した。

通常の10年債と10年物TIPSの利回り差は2.53ポイントと、前日 の2.55ポイントから縮小した。14日に付けた終値ベースでの年初来の最 大である2.59ポイントよりは縮小しているものの、過去1年の平均であ る2.36ポイントは上回っている。

財務省が21日実施した10年物TIPSの入札(発行額130億ドル、 銘柄統合)結果によると、最高落札利回りはマイナス0.602%。入札直 前の市場予想はマイナス0.603%だった。投資家の需要を測る指標の応 札倍率は2.74倍と、過去10回の平均2.68倍を上回った。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「マイナス利回りは米金融当局の政策の結果だ。政策は 依然として非常に緩和的であるため、インフレに備える長期的な動き だ」と語った。

原題:Treasuries Advance as Concern on Cyprus Fuels Demand for Safety(抜粋)

◎NY金:3週間ぶり高値に反発、景気減速を懸念し安全資産に買い

ニューヨーク金先物相場は反発。米国と欧州の経済統計を受けて景 気減速への懸念が再燃し、安全資産としての金の需要が高まるとの見方 から、3週間ぶり高値を付けた。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数は、前週比2000件 増えて33万6000件。3月のドイツ製造業景気指数は事前予想に反して低 下。英マークイット・エコノミクスが発表した3月のユーロ圏総合景気 指数はエコノミスト予想を下回った。金は過去2週間、欧州の債務危機 が深刻化するとの見方から上昇基調にあった。

RJオブライアン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話取材に対し「失業保険申請 件数で市場は活気づいた」と指摘。「欧州も大きな問題だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%高の1オンス=1613.80ドルで終了。一時は2月26日 以来の高値となる1616.50ドルを付けた。月初からは2.6%の値上がり。

原題:Gold Rises to 3-Week High on U.S. Jobless Claims, Europe Crisis(抜粋)

◎NY原油:反落、ドイツ経済統計で景気減速への不安高まる

ニューヨーク原油先物相場は反落。ドイツの経済統計で製造業の活 動縮小が示唆され、ユーロ危機の影響で独経済の成長が減速している兆 候と受け止められた。

3月の独製造業景気指数は48.9に低下。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト調査の中央値では50.5が見込まれていた。欧州 中央銀行(ECB)はキプロスの銀行への緊急流動性支援を25日で打ち 切る可能性があると通告。同国は救済を確保するための新たな方策を模 索している。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査米州責任者、マイケル・ウィ トナー氏(ニューヨーク在勤)は「欧州不安が市場に重くのしかかって いる」と指摘。「全面的にリスク・オフの一日だった。原油の需給ファ ンダメンタルズとは無関係な動きだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.05ドル(1.12%)安の1バレル=92.45ドルで終了した。

原題:Oil Falls as German Manufacturing Output Unexpectedly Contracts(抜粋)

◎欧州株:3週間ぶり大幅安、ドイツ製造業が縮小で-ランクセス安い

21日の欧州株式相場は3週間ぶりの大幅安。ドイツで製造業活動が 今月に予想に反して縮小したことが示され、これが嫌気された。キプロ スでは、アナスタシアディス大統領を中心にユーロ圏から支援を確保す るための代替策策定が急がれている。

ドイツの化学メーカー、ランクセスは1年5カ月ぶり大幅安。第1 四半期のEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)が 前年同期を下回るとの見通しが売り材料。独経営管理ソフトメーカーの SAPは2.1%安。一方、独化学品販売会社ブレンタークは昨年12月以 来の大幅高。通期利益がアナリスト予想を上回った。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%安の294.47。年初来では依 然5.3%上げている。

クッツ(チューリヒ)のノーマン・ビラミン最高投資責任者 (CIO、欧州担当)は「投資家らはキプロス問題だけでユーロ危機が 再燃することはないと判断した」と述べた上で、「講じられつつある手 段やアプローチを考えると、ユーロ圏当局者が取り組む将来の問題のリ スクを一段と大きく高めていると思われる」と続けた。

この日の西欧市場では18カ国全てで主要株価指数が下落した。

3月のドイツ製造業景気指数は48.9と、事前予想に反して低下。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の中央値では50.5 が見込まれていた。同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

原題:European Stocks Decline as German Manufacturing Misses Forecasts(抜粋)

◎欧州債:イタリア債上昇、キプロス問題が収束するとの観測

21日の欧州債市場ではイタリアの国債が上昇。ユーロ圏がキプロス 救済合意の一環として同国に預金課税案を迫って以来、イタリア債は下 落していたものの、この日の上昇でそれまでの下げを埋めた。キプロス 問題が収束するとの観測が背景にある。

スペイン国債は続伸。45億ユーロ相当の証券入札で発行額が目標上 限を上回った。ドイツ国債も上げ、10年債利回りは11週間ぶり低水準に 接近。キプロス・ポピュラー銀行を閉鎖し、売却で得た資金を預金者に 返還すると国営のCYBCテレビが報じたことについて、同国の中央銀 行はこれを否定した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテジ ト、ジョン・レイス氏(ロンドン在勤)は「キプロスからの危機拡大リ スクが差し迫っているとの見方がやや後退した」とし、「スペインとイ タリアは安定した。両国に際立った影響が全くないことが確認された」 と語った。

ロンドン時間午後5時現在、イタリア10年債利回りは前日比5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.59%。前日は9bp低 下した。18、19両日で13bp上げていた。同国債(表面利 率5.5%、2022年11月償還)価格はこの日、0.375上げ107.42。同年限の スペイン債利回りは10bp低下し4.88%。一時は13bp下げ、8日以降 で最大の低下となった。

ドイツ10年債利回りは2bp低下し1.37%。19日には1.34%まで下 げ、1月2日以来の低水準を付けた。

英国債市場では、10年債利回りは2bp上げ1.86%となった。一時 は3bp上昇した。同国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格 は99.07。

原題:Italy’s Bonds Gain on Cyprus Optimism; Spanish Securities Rise(抜粋) Pound Advances to Three-Week High as Retail Sales Beat Forecasts (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE