3月21日の米国マーケットサマリー:株とユーロが下落、欧州不安

ニューヨークの為替・株式・債券・ 商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2901   1.2933
ドル/円             94.90    96.01
ユーロ/円          122.42   124.17


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       14,421.49     -90.24     -.6%
S&P500種           1,545.80     -12.91     -.8%
ナスダック総合指数    3,222.60     -31.59    -1.0%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .25%       +0.00
米国債10年物     1.92%       -.04
米国債30年物     3.14%       -.06


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,613.80    +6.30     +.39%
原油先物         (ドル/バレル)   92.43     -1.07    -1.14%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し4カ月ぶり安 値付近で推移。3月のユーロ圏総合景気指数では活動の縮小が示され、 リセッション(景気後退)からの脱却が順調に進んでいないことがあら ためて示唆された。

ユーロは主要16通貨の大半に対して値下がり。この日はドイツの製 造業景気指数でも活動の縮小が示された。ただキプロスで銀行業界の崩 壊阻止を目指す動きが見られたことから、ユーロは下げを縮めた。円は 上昇。日本銀行の黒田東彦新総裁が大胆な金融緩和を追求する方針を示 したものの、円は買い進まれた。ニュージーランド(NZ)ドルも上 昇。昨年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)が市場予想を 上回る伸びとなったことが手掛かり。

BNPパリバのチーフディーラー、ピーター・ゴラ氏は電話取材 で、「ドイツが成長のエンジンで、それが減速しつつあるのであれば、 欧州中央銀行(ECB)は利下げせざるを得ないだろう」とし、実際に 利下げされれば「若干ユーロを押し下げる可能性が高い」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時8分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.2%安の1ユーロ=1.2911ドル。19日には1.2844ドルと、昨年11 月22日以来の安値に下げた。対円ではこの日1.5%下げて122円30銭。円 は対ドルで1.3%値上がりし1ドル=94円73銭。

◎米国株式市場

21日の米国株は反落。米国で予想より強い経済統計が発表された が、欧州の債務危機に対する懸念がこれを上回った。

ニューヨーク時間午後4時すぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.8%安の1545.80。ダウ工業株30種平均は90.24ドル (0.6%)下落して14421.49ドル。

RWベアード(ミルウォーキー)のチーフ投資ストラテジスト、ブ ルース・ビトルズ氏は「欧州から気がかりなニュースが流れ、相場を不 安定にすることもあるだろう」と述べ、「米国経済は今よりもある程度 改善するだろうが、それでも今年の成長は総じて緩慢なペースだろう。 この環境にしては市場は非常に好調と言えよう」と続けた。

3月のドイツ製造業景気指数が事前予想に反して低下したほか、ユ ーロ圏のサービス業と製造業を合わせた経済活動の縮小ペースがエコノ ミスト予想に反して悪化したことが材料となり、株価は下落した。

◎米国債市場

米国債相場は反発。キプロスの銀行危機でユーロ圏の債務をめぐる 混乱に拍車が掛かるとの懸念を背景に、逃避需要が強まった。

米経済の改善を示す指標が発表された後も国債は堅調を維持し た。10年物インフレ連動国債(TIPS)の入札では落札利回りが8回 連続でマイナスとなった。米金融緩和でもインフレ高進は起きないとの 楽観に疑いが生じていることが背景。欧州中央銀行(ECB)はキプロ スに対し、救済策で国際債権団と合意できなければ同国の銀行への緊急 流動性支援を打ち切ると最後通告した。

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏(ニ ューヨーク在勤)は「キプロスは小さな国だが、ユーロ圏の懸念事項と しては十分に大きい」と指摘。「バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長から政策変更に関することは聞かれなかった。ユーロ圏 情勢の結果は不透明で、投資家は不安感から米国債に買いを入れ続けて いる」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時35分現在、10年債利回りは前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.93%。10年債(表面利 率2%、2023年2月償還)価格は1/4上げて100 5/8。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反発。米国と欧州の経済統計を受けて景 気減速への懸念が再燃し、安全資産としての金の需要が高まるとの見方 から、3週間ぶり高値を付けた。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数は、前週比2000件 増えて33万6000件。3月のドイツ製造業景気指数は事前予想に反して低 下。英マークイット・エコノミクスが発表した3月のユーロ圏総合景気 指数はエコノミスト予想を下回った。金は過去2週間、欧州の債務危機 が深刻化するとの見方から上昇基調にあった。

RJオブライアン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話取材に対し「失業保険申請 件数で市場は活気づいた」と指摘。「欧州も大きな問題だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%高の1オンス=1613.80ドルで終了。一時は2月26日 以来の高値となる1616.50ドルを付けた。月初からは2.6%の値上がり。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は反落。ドイツの経済統計で製造業の活 動縮小が示唆され、ユーロ危機の影響で独経済の成長が減速している兆 候と受け止められた。

3月の独製造業景気指数は48.9に低下。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト調査の中央値では50.5が見込まれていた。欧州 中央銀行(ECB)はキプロスの銀行への緊急流動性支援を25日で打ち 切る可能性があると通告。同国は救済を確保するための新たな方策を模 索している。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査米州責任者、マイケル・ウィ トナー氏(ニューヨーク在勤)は「欧州不安が市場に重くのしかかって いる」と指摘。「全面的にリスク・オフの一日だった。原油の需給ファ ンダメンタルズとは無関係な動きだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.05ドル(1.12%)安の1バレル=92.45ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE