NY原油:反落、ドイツ経済統計で景気減速への不安高まる

ニューヨーク原油先物相場は反落。 ドイツの経済統計で製造業の活動縮小が示唆され、ユーロ危機の影響で 独経済の成長が減速している兆候と受け止められた。

3月の独製造業景気指数は48.9に低下。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト調査の中央値では50.5が見込まれていた。欧州 中央銀行(ECB)はキプロスの銀行への緊急流動性支援を25日で打ち 切る可能性があると通告。同国は救済を確保するための新たな方策を模 索している。

ソシエテ・ジェネラルの石油市場調査米州責任者、マイケル・ウィ トナー氏(ニューヨーク在勤)は「欧州不安が市場に重くのしかかって いる」と指摘。「全面的にリスク・オフの一日だった。原油の需給ファ ンダメンタルズとは無関係な動きだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.05ドル(1.12%)安の1バレル=92.45ドルで終了した。

原題:Oil Falls as German Manufacturing Output Unexpectedly Contracts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE