キプロスは現金不足深刻、コンテナ荷揚げできず-店舗も品薄

銀行休業が続くキプロスでは、現金 の不足が深刻になってきた。ガソリンスタンドや薬局、小売店などさま ざまな業者が現金での支払いを求め、市民は現金自動預払機(ATM) の前に行列を作っている。

ニコシア商工会議所のゲオルガリス会頭は21日の電話インタビュー で、「市場では現金が不足している」と語った。税関では荷物を通過さ せるのに現金が必要だが、これができないため荷揚げができず「港でコ ンテナが滞留している」という。

キプロス中銀は20日、週末までの銀行休業を発表。25日月曜は祝日 のため、次に銀行が開くのは26日になる。

スーパーマーケットは現金以外の支払いを受け付けなくなった。ガ ソリンスタンドも備蓄が少なくなり、閉まっているところもある。小売 店の商品陳列棚でも品薄が見え始めた。

商工会議所のゲオルガリス氏は、長い週末を乗り切るため22日に従 業員に給与の一部を支払えるように、職員に複数のATMを回って現金 を集めさせていると述べた。

原題:Cypriots Gather Cash as Suppliers Demand Hard Currency for Goods(抜粋)

--取材協力:Eleni Chrepa、Natalie Weeks.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE