アイルランド:10-12月GDP、前期比と前年比ともに変わらず

アイルランド経済は2012年10-12月 (第4四半期)に前期比、前年同期比ともに変わらずとなった。プラス 成長が見込まれていたが、政府歳出と投資の減少が響いた。

アイルランド中央統計局が21日発表した同四半期の国内総生産 (GDP)は、前期比横ばい。ブルームバーグがまとめたエコノミスト 9人の予想中央値は0.2%増だった。前年同期比でも横ばいとなった。 7-9月(第3四半期)は前期比0.4%減に下方修正された。

12年GDPは0.9%増加。08年に同国で不動産バブルが崩壊して以 来、2年連続のプラス成長となった。昨年第4四半期は08年以降で初め て雇用が増え、景気安定化の兆候も出ている。

原題:Ireland’s Economy Unexpectedly Stagnates in Fourth Quarter (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE