米大統領、イスラエルの自衛権支持-イラン核兵器保有阻止で

オバマ米大統領は20日、イランによ る核兵器保有を阻止するため米国は必要ないかなる措置も講じると述 べ、自衛権を強調しているイスラエルのネタニヤフ首相を支持した。

イスラエルを訪問しているオバマ大統領はネタニエフ首相と数時間 にわたり会談し、イランの核計画とシリア内戦などを主要議題として取 り上げた。オバマ大統領はエルサレムでの共同記者会見で、米国はシリ アで化学兵器が使用されたという疑惑を調査しており、それが証明され たら「状況は一変する」と指摘。ネタニヤフ首相はイランの核兵器製造 の阻止に向けたオバマ大統領の決意を「強く確信した」と語った。

オバマ大統領は20日、テルアビブに到着。大統領就任後初めてのイ スラエル訪問であるほか、2期目に入ってから最初の外遊先となる。ユ ダヤ人入植地や中東和平プロセス、イランへの対応をめぐりネタニヤフ 首相との間でこれまで緊張があったものの、オバマ大統領は今回の訪問 を通じイスラエルの安全保障問題への取り組みでの理解を得るよう目指 している。

両首脳はイランや和平プロセスについて合意部分を重視する姿勢を 示したほか、予算削減を進める米国がイスラエルに軍事支援を続ける意 向があること強調した。また、イランが核兵器製造までにかかる時間に ついても見方が一致していると説明。ネタニヤフ首相はイランの核爆弾 製造まで約1年かかるという米国の見方を支持すると述べた。

原題:Obama Says Israel Has Right to Defend Against Iran Threat (2)(抜粋)

--取材協力:Jonathan Ferziger.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE