NY原油先物時間外:上下に変動-前日は2週間で最大の上昇

ニューヨーク原油先物相場は21日の 時間外取引で上下に変動。前日の通常取引は米原油在庫が予想外に減少 したことで過去2週間で最大の上昇となった。イランは核開発計画交渉 で打開策が出る可能性があると述べた。

前日の通常取引は0.9%上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)は 景気刺激策を継続する方針を示した。米エネルギー省が発表した先週の 原油在庫は130万バレル減少した。減少は2カ月ぶり。ブルームバー グ・ニュースの調査では、200万バレルの増加が予想されていた。イラ ンのハザーイー国連大使は先月の国際交渉について「転機」となったと 語った。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフアナリスト、リッ ク・スプーナー氏は、「FRBの声明で商品市場は安心感から上昇相場 となった。かなり厚い上値抵抗線である95ドルを超えるには非常にポジ ティブなニュースが必要だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限はシドニ ー時間午後0時35分(日本時午前10時35分)現在、23セント安の1バレ ル当たり93.27ドルで推移している。全先物の取引高は100日平均を57% 下回った。前日納会を迎えた4月限は80セント高の92.96ドルで引け た。

原題:WTI Fluctuates After Biggest Gain in Two Weeks as Supplies Drop(抜粋)

--取材協力:Yee Kai Pin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE