中国:3月のHSBC製造業PMI、51.7に上昇-予想上回る

中国の製造業活動は3月の拡大ペー スが前月を上回ったことが民間の経済指標で示された。生産や受注が上 向く中、国内景気の回復持続で李克強新首相の支えとなる。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが21日 発表した3月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は51.7と、 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト11人の予想中央値で ある50.8を上回った。2月改定値は50.4だった。同指数は50を超えると 製造業活動の拡大を示唆する。

今回の指標結果を受けて、景気回復の勢いが弱まりつつあるとの懸 念が和らぐ可能性がある。この2カ月は工業生産と小売売上高の伸びが 予想に届かず、2009年以来で最も低調なスタートとなっていた。一方、 中国商務省が19日発表した2月の海外から中国への直接投資額は9カ月 ぶりに増加し、同国経済の信頼感が回復しつつある兆候が示された。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で、「漸進的な成長回復に向けて中国経済は引き続き順調に進 んでいる」と説明。「インフレは落ち着いており、比較的緩和的な政策 を維持する余地を当局に与えている」と分析した。

HSBCとマークイットは4月1日に3月の中国製造業PMIの改 定値を発表する。この日は中国国家統計局と中国物流購買連合会が3月 の製造業PMIを発表。同指数は2月に50.1に低下し、5カ月ぶりの低 水準となった。

原題:China Manufacturing Rebounds in Sign of Sustained Recovery (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE