S&P500種、過去最高値に接近-幅広いセクターが相場支える

米国株の指標S&P500種株価指数 は、構成銘柄の大半が1930年代以後で最悪の弱気相場から完全復活して から2年を経て5年半ほど前に付けた過去最高値に迫っている。

米国株が信用危機による下落から上昇へ転じる中、S&P500種 は2009年3月以来130%上昇し、時価総額は10兆ドル(約959兆円)増 加。ブルームバーグが集計したデータによると、指数構成銘柄の大半 が11年4月までに前回の高値を上回った。時価総額の加重平均ではなく 銘柄を均一に組み込むS&P500種イコール・ウエイテッド指数 (EWI)は最安値から192%値上がりしている。

1つのセクターがけん引した過去の強気相場とは異なり、今回の上 昇局面では米景気回復に伴い全ての業種が改善。回復の広がりは、全銘 柄の時価総額の変動を測定して米経済のパフォーマンスを総合的に把握 するS&P500種エコノミック・セクター株指数を構成する10業種のウエ ートがどれも18%を超えていないところから見て取ることができ る。2000年当時はハイテク企業が指数ウエートの35%、06年は金融株 が22%を占めていた。

ラッセル・インベストメンツの北米担当チーフ市場ストラテジス ト、スティーブン・ウッド氏は電話取材で、「今回の上昇相場の広がり はむしろ異例だ」と述べ、「4年前の相場は世界の終わりを織り込んで いたが、今はその終わりが近くないということを表している。中小型株 や大型株、ディフェンシブ、バリュー、成長株など、著しくも広範にわ たる長期的な回復を私たちは目の当たりにしている」と語った。

20日の米株式市場でS&P500種は前日比0.7%高の1558.71で終 了。07年10月9日に付けた過去最高値にあと0.5%以内のところまで迫 った。S&P500種EWIは11年4月28日に付けた高値を上抜いた。ブ ルームバーグのデータによれば、同月は指数構成銘柄の過半数が上場来 高値を上回って取引されていた。

原題:S&P 500 Rally Toward Record Broadens as Equal-Weight Climbs 192%(抜粋)

--取材協力:Whitney Kisling、Nikolaj Gammeltoft、Shin Pei.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE