ロマネ・コンティ頂点のブルゴーニュワイン、3000ドルが手頃

フランス、ブルゴーニュ地方の最も 名高いワイン生産者「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ (DRC)」の敷地沿いの道に立ってみても、最上級に格付けされるグ ラン・クリュと呼ばれるブドウ畑からは特別な趣は感じられない。しか し、ここはシャルドネとピノ・ノワールのブドウ品種を原料とするワイ ンの中でも世界の基準となる銘柄の生まれ故郷だ。(ワイン畑は8種類 あり、白はモンラッシェ1種、赤は7種でコルトン、エシェゾー、グラ ンエシェゾー、ロマネ・サン・ヴィヴァン、リシュブール、ラ・ターシ ュ、そして「クラウン・ジュエル(王冠の宝石)」と呼ばれるロマネ・ コンティだ)。

豊作の年でもDRCが醸造するワインの本数は1万ケースを大きく 下回り、旺盛な世界の需要に対して供給量はほんのわずかだ。ブルーム バーグ・マーケッツ誌別冊の高級ライフスタイル誌「ブルームバーグ・ パースーツ」2013年春号が報じている。

私はDRCワインを、米フロリダ州の洋上のヨットやブルゴーニュ 地方にあるひんやりとしたセラー、香港のオークション会場、ニューヨ ークにある外交問題評議会本部のウッドパネルが張られた部屋で試飲し たことがある。このワインが兼ね備えている特長には試飲する度に衝撃 を受ける。完璧なバランス、重層な香り、柔らかい舌触り、そして、そ の繊細さにもかかわらず、とてつもない熟成の可能性を秘めている。他 のワイナリーのワイン以上に、DRCのワインは際立った特長を備え、 年代物でなくてもブドウ園の独特のテロワール(育成環境)を体現して いる。

「市場の見えざる手」

手頃な値段で手に入るワインではない。最近のビンテージ、2009年 物は700ドル(約6万7200円)から1万5000ドル。さらに年代物になる と1オンス(約30cc)当たり1000-2000ドルに達することもある。

果たしてそれだけの価値があるのだろうか。「市場の見えざる手」 を信じるのなら、答えはもちろん「イエス」だ。ロンドンを拠点とする ワインの電子取引所Liv-ExのDRC指数は08年8月-13年1月 に54.4%上昇した。シャトー・ラフィット・ロートシルトなどボルドー 産の第1級ワインで構成されるLiv-Ex50指数の上昇率を大きく上 回っている。

希少性や評判、特に中国人コレクターの間でのブルゴーニュ産ワイ ンの最近の人気の高まりを背景に、DRCは現在、オークションで最も 注目される銘柄となっている。ワイン競売会社アッカー・メレル・アン ド・コンディットが昨年開いたオークションでは、落札価格上位10ロッ ト中7ロットがDRCワインで、世界の売上高(ドルベース)のう ち17%を占めた。(全てのDRCが極上というわけではない。1970年代 と80年代には一部の畑が不作だった。最近では90年、99年、2005年、09 年が当たり年だ)。

自然農法

ワインの味わいはさまざまな要因が重なり合って決まる。1番にロ ケーションだ。ブルゴーニュ地方の全長48キロメートルに及ぶ石灰岩を 豊富に含んだ土壌は「コート・ドール(黄金の丘)」と呼ばれる。小さ な畑がモザイク状に並び、最上級のグラン・クリュに正式に分類されて いるのは33区域のみだ。最も伝説的なブドウ畑はロマネ・コンティで、 ボスネロマネ地区のなだらかな丘の上に1.81ヘクタールにわたって広が る。目印は17世紀の十字架を冠した低い石垣だけだ。

そのワインはあまりに貴重であるために、3年前、100万ユーロ (現在のレートで1億2400万円)を支払わなければ毒を混ぜるとDRC のオーナーを脅した者がいた。幸い、ワイン業界の頂点に君臨する DRCが悲劇に見舞われることなく犯人は逮捕された。

2番目は細心の注意を払うこだわりのワイン作りだ。共同オーナー のオベール・ド・ビレーヌ氏はDRCのブドウ園の世話に必要な出費を 惜しまない。全て自然農法のバイオダイナミック農法によって栽培され る。人手は通常より多く必要で、土壌が圧縮されブドウの木の根が傷む のを防ぐため馬ですく。ブドウの成熟と濃度を高めるためイールド(単 収)は意図的に基準より低くしている。選別台は長く、完璧なブドウだ けが醸造タンクにたどり着くようになっている。07年のようなあまり品 質が良くない年には、ド・ビレーヌ氏はブドウの約半分を廃棄する。

私のお勧め

こうして、土の香りのするコルトンから気高いロマネ・コンティに 至る赤ワインの序列が形成される。では、資金があるなら信じ難いほど 高価な最高級のビンテージワインに投資するだろうか。答えはノーだ。 この世のものとは思えないほど完璧なワイン、1本1万5000ドルのロマ ネ・コンティ09年に大金をつぎ込むくらいなら、ほんの少し格下なが ら、砕いたバラの花びらや甘草の香りのするラ・ターシュをお勧めす る。価格は1本「たった」3000ドルで、私にも手の届く値段だ。

(マッコイ氏はブルームバーグ・ニュースでワインやスピリッツに ついて執筆しています。この記事の内容は同氏自身の見解です)

原題:Burgundy at $3,000 Is Best Buy From Auction Favorite: Elin McCoy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE