中国・中海発展の合弁事業:LNG船6隻を発注へ

中国の海運会社、中海発展の李紹徳 会長は、同社の合弁事業が液化天然ガス(LNG)タンカー6隻、総額 約12億ドル(約1150億円)相当を6月までに発注する予定であることを 明らかにした。同国のLNG需要の拡大に対応する。

李氏は20日、香港で記者団に対し、「当社は、LNG輸送事業をで きるだけ早く収益の伸びの新たな原動力とするため同事業を増強する計 画だ。LNG船の発注は20年間の用船契約に結び付き、安定した収入源 になるだろう」と述べた。

世界最大のエネルギー消費国である中国は、石炭と石油への依存度 を低下させるため、天然ガスの消費を2倍以上に拡大する計画だ。李氏 によると、LNG船を購入するのは、中国石油化工( SINOPEC)、中海発展、商船三井が保有する合弁事業で、1隻当 たりの天然ガスの積載能力は17万4000立方メートル。

原題:China Shipping Venture to Order Six LNG Ships for $1.2 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE