NY銅:上昇、2月以来の大幅高-モルガンSのリポート好感

20日のニューヨーク銅先物相場は上 昇。世界最大の銅消費国である中国での需要拡大を予想したモルガン・ スタンレーのリポートを好感し、前日に付けた昨年8月以来の安値から 反発した。

同行は19日付のリポートで、中国では製造業者による銅の発注増加 でサプライチェーン在庫が低水準だと指摘。20日の金属市場では、欧州 中央銀行(ECB)が今後もキプロスを支援し、欧州債務危機が経済成 長を阻害するとの懸念を和らげるとの見方から銅とニッケルを中心に値 上がりした。

モルガン・スタンレーのアナリスト、レイチェル・チャン氏(香港 在勤)はリポートで、「エアコン販売や政府の送電設備発注のような銅 の最終需要市場の主な指標は全て改善しつつあるが、川下の生産業者の 銅在庫は低水準のままだ」と指摘。「向こう数カ月のうちに在庫を積み 増す動きがはっきり出てくると考える」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比1.2%高の1ポンド=3.4465ドルと、2月1日以来 の大幅高。前日は一時3.388ドルまで下げ、中心限月としては昨年8 月21日以来の安値を付けていた。

原題:Copper Advances as Morgan Stanley Sees Demand Reviving in China(抜粋)

--取材協力:Chanyaporn Chanjaroen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE