欧州債:ドイツ債は下落-キプロス再交渉期待で周辺国債高い

20日の欧州債市場ではドイツ国債が 下落し、10年債利回りは3週間ぶりの大幅上昇となった。キプロスが同 国救済をめぐって再交渉できるとの観測から、域内で最も安全とされる ドイツ国債の需要が減退した。

独10年債利回りは、前日付けた11週間ぶり低水準付近から上昇。こ の日の33億6000万ユーロ規模の10年債入札では借り入れコストが下がっ たものの、流通市場での国債値上がりにはつながらなかった。キプロス の債務問題は解決されるとの見方から周辺国の国債を求める動きが強ま り、スペインとイタリアの国債は堅調。キプロス議会が銀行預金課税法 案を否決した19日、欧州中央銀行(ECB)は同国への流動性供給を既 存ルールの範囲内で必要に応じて続ける方針を確認した。

ウニクレディト(ミラノ)のシニア債券ストラテジスト、ルカ・カ ツラーニ氏は「前日にドイツ国債は大きく動いたが、状況は安定しつつ ある」とし、「この先に関してより良い洞察を与えてくれるニュースを 投資家らは待っている。流動性を供給するとのECBの声明を含め、リ スクテークへの支援材料となり得る要因が幾つかある」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.38%。一時は6bp上昇 し、先月25日以降で最大の上げとなった。同国債(表面利 率1.5%、2023年2月償還)価格は0.375下げ101.04。2年債利回りは2 bp上げ0.02%。19日にはマイナス0.006%と、1月2日以来の最低と なった。

スペイン10年債利回りは前日比7bp低下し4.98%。前日までの5 営業日で31bp上げていた。同年限のイタリア国債利回りは9bp下 げ4.64%となった。

英国債相場は下落。10年債利回りは5bp上昇し1.87%。一時は11 bp上昇し、先月13日以降で最大の上げとなった。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格は0.385下げ98.925。

原題:Bunds Fall as Cyprus Studies Bailout Options; Spanish Bonds Rise(抜粋) Pound Rises to 2-Week High as Osborne Keeps BOE Inflation Target (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE