英財務相:中銀の責務見直し、物価目標達成に一段の柔軟性

オズボーン英財務相は経済がさまざ まなショックに見舞われる中で、イングランド銀行(英中央銀行)の責 務見直しを表明した。インフレ率2%の目標達成において、同中銀に一 段の柔軟性を持たせる。

オズボーン財務相はキング中銀総裁に宛てた書簡で、「ショックや 混乱に伴ってインフレ率が目標から時折逸脱することは、責務の中で認 識されている。このような状況下でインフレ率を目標水準にとどめよう とすれば、生産に望ましくない変動をもたらす恐れがある」と指摘。今 後は「定められた目標に対する均衡の取れたアプローチが可能となる一 方、物価安定が最重要であることとインフレ目標も堅持される」と説明 した。

英中銀のインフレ目標をめぐっては、マーク・カーニー氏が次期総 裁に指名された昨年11月以来、政治論争となっていた。同氏が柔軟な目 標達成を示唆したためだが、キング現総裁は責務を大きく変える必要性 はないとの立場を取っていた。両氏ともに見直しに同意したとオズボー ン財務相は述べた。

オズボーン財務相はまた、中銀が景気回復支援に向けて非伝統的な 手段を活用する権利についても強調した。

原題:Osborne to Give BOE More Flexibility to Meet 2% Inflation Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE