NY外為:ユーロが上昇、キプロスが代替案模索

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対し4カ月ぶり安値から上昇。キプロスは銀行セクターの 崩壊を回避するため預金課税に代わる案の模索を始めた。また米連邦公 開市場委員会(FOMC)は刺激策の維持を決定した。

ドルはユーロに対して軟調な展開が続いた。FOMCはこの日発表 した声明で、景気浮揚に向け毎月850億ドルの債券購入を継続する方針 を示した。欧州では欧州中央銀行(ECB)がキプロスに流動性を供給 する方針を表明したことで、同国は救済をめぐる交渉の時間を確保。ま たロシアが支援する可能性も出ている。こうした中でユーロは買い進ま れた。円は主要16通貨の過半数に対して下落。日本銀行の黒田東彦新総 裁が「大胆」な金融緩和策を進める姿勢を示す方針だと、日本経済新聞 が情報源を明示せずに伝えたことに反応した。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は電話取材で、「キプロス問題の悪影響は金融市 場にはそれほど大きく広がっていない」とし、「市場は依然、解決策が 見つかると考えており、そうした見方がユーロを支えている」と述べ た。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.4%高 の1ユーロ=1.2933ドル。前日は1.2844ドルと、昨年11月22日以来の安 値に下落した。対円ではこの日1.3%上昇し124円17銭。円は対ドル で0.9%下げて1ドル=96円01銭。

キプロス情勢

キプロス政府のクリストス・スティリニアデス報道官は電話取材に 対し、キプロス・ポピュラー銀行の売却をめぐりロシアの投資家と合意 した事実はないと言明した。キプロス紙のカシメリニ・キプロスは先 に、情報源を明示せずにポピュラー銀をロシアの投資家に売却すること で暫定合意に達したと報じていた。

みずほフィナンシャル・グループの法人外国為替セールスバイスプ レジデント、ファビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)はロシア 投資家の支援をめぐる観測について、「この問題に対して市場は何らか の解決策を期待している」と分析した。

ECBはキプロスの銀行への緊急流動性供給を継続する是非につい て、決定を見合わせる公算が大きいと、事情に詳しい関係者2人が明ら かにした。キプロス救済について状況が明瞭になるのを待つ見込みだと いう。関係者が匿名を条件に述べたところによると、ECBはキプロス の銀行の休業が今週末まで延長されるとみている。

解決の見通し

コメルツ銀行のシニア為替ストラテジスト、ルッツ・カルポビッツ 氏は「流動性供給を続けるとのECBの発表は、キプロスにとっては再 交渉の時間的余裕が生まれることを意味し、前向きな材料だ」と指摘。 「さらなる交渉の余地がある限り、市場は比較的落ち着いていられる。 解決策はないとの見方が強まればそれだけ、ユーロには重しとなるだろ う」と続けた。

カルポビッツ氏はキプロス問題で解決策が見つからなければ、ユー ロは1.25ドルと、昨年8月以来の安値に下げる可能性があると予想し た。

資産運用会社ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任 者(CEO)は、欧州が解決策を見いだすとの見方を示した。

同CEOは香港でのブルームバーグテレビジョンのインタビュー で、「それほど大きな経済問題ではない」とした上で、「100億ドル規 模の問題だ。ただ欧州が脆弱(ぜいじゃく)であり、解決には数年かか ることを再認識させる出来事ではある」と続けた。

原題:Euro Rises as Cyprus Seeks Alternatives to EU Bank Bailout Plan(抜粋)

--取材協力:Candice Zachariahs、Jana Randow、Jeff Black、Emma Charlton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE