中国株(20日):2カ月ぶり大幅高-デマーク氏の予想を好感

中国株式相場は2カ月ぶりの大幅高 となった。3月の製造業指標が活動拡大を示すと見込まれているほか、 マーケット・スタディーズのトム・デマーク氏が上海総合指数は9月ま でに最大28%上昇するとの見通しを示したことが好感された。

中信銀行(601998 CH)は10%の値幅制限いっぱい上昇。中国工商 銀行(601398 CH)や中信證券(600030 CH)など他の金融株も高い。

一汽轎車(000800 CH)を中心に自動車株も値を上げた。政府が同 社の自動車を受注したとの新華社通信の報道が手掛かりとなった。同業 の長城汽車(601633 CH)も上昇。

デマーク氏は19日、上海総合指数が年初来高値から8%下げた後、 再び上昇に向かうと予想した。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「最近の下落は、経 済成長についてより悲観的な投資家の見方に既に織り込まれている」と 指摘。「株価がまだ割高になっていないことを考えれば、反発は当然 だ」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比59.94ポイント(2.7%)高の2317.38で終 了。1月14日以来の大幅な値上がりとなった。上海、深圳両証取のA株 に連動しているCSI300指数は同3.4%高の2610.17。

原題:China’s Stocks Gain Most in Two Months as DeMark Predicts Rally(抜粋)

--取材協力:Belinda Cao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE