外為:ユーロ下落、キプロス議会が預金課税法案を否決

20日の外国為替取引でユーロは下 落。対ドルでは約4カ月ぶり安値に近づき、対円は4営業日続落してい る。キプロス議会は19日、救済確保に必要な銀行預金課税の法案を否 決。事情に詳しい関係者によれば欧州の政策当局者らはキプロスで、一 段の資本統制と銀行休業の週末までの延長を協議した。欧州危機悪化の 見込みから安全志向が高まり円とドルは大半の主要通貨に対して上昇し た。

シンガポール時間午前1時35分現在、ユーロはドルに対して0.1% 安の1ユーロ=1.2873ドル。前日のニューヨーク市場では一時、昨年11 月22日以来の安値となる1.2844ドルを付けた。対円は0.2%安い1ユー ロ=122円36銭。ドルは対円で0.1%安の1ドル=95円05銭。東京市場は 祝日のため休場。

原題:Euro Falls Toward 4-Month Low Versus Dollar; Drops Against Yen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE