3月19日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドル3カ月ぶり安値-キプロス懸念

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対し3カ月ぶり安 値に下落。キプロスで銀行預金課税法案が否決され、救済が順調に進ま なくなるとの懸念が高まった。

ドルは主要16通貨の大半に対して上昇。米連邦準備制度理事会 (FRB)が19日から2日間の予定で開催している連邦公開市場委員会 (FOMC)では、政策の現状維持が見込まれている。円は逃避需要か ら下げを埋め、主要16通貨全てに対して値上がりした。ユーロはスイ ス・フランに対しては、ここ2年余りで最長の連続下落となった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 為替・新興市場戦略責任者、デービッド・シモンズ氏は「今の市場環境 ではドルを選好する」とし、「ユーロは対ドルで下落するだろう」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.6%安 の1ユーロ=1.2882ドル。一時11月22日以来の安値を付けた。この日 は200日移動平均の1.2875ドルを下回った。対フランでは0.5%下げ て1.2197フラン。これで7営業日続落と、2010年12月以来の長期連続安 となった。

預金課税の法案否決

ソシエテ・ジェネラルの為替ストラテジスト、セバスチャン・ゲー リー氏は電話取材で、「キプロスでの採決をめぐる不透明感から、市場 ではユーロにとって非常に重要なサポート水準となる1.2872ドル や1.2874ドル、1.2876ドルを模索する動きが出ている」と述べた。

円は対ドルで0.1%高の1ドル=95円16銭。対ユーロでは0.8%上げ て1ユーロ=122円59銭。

キプロス議会は19日、同国救済融資の条件に挙げられている銀行預 金課税を実施する法案を否決した。ユーロ圏の当局者らは、救済融資の 条件として、銀行預金課税を通じた58億ユーロの捻出を求めていた。

キプロスのフォティオ国防相はギリシャのテレビ局スカイに対し、 政府は法案が通過しなかった場合に備えた「代替案」も検討していると 述べた。

シティグループのG10通貨戦略担当責任者、グレッグ・アンダーソ ン氏(ニューヨーク在勤)は「ここ24時間における市場の焦点は、否決 された場合の第2案は何かということだ」と述べた。

円相場

円は対ドルで4営業日続伸。9月以降で最長の連続高となった。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「円はなお相対的に逃避通貨とし ての魅力がある」とし、「ただ当社の円の見通しは弱気だ。今の上昇は 円売りのチャンスと捉えている」と続けた。

日本銀行の白川方明総裁は19日退任した。20日には黒田東彦氏が新 総裁に就任する。こうした中、円は一時下げていた。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏は「近く日銀の新総裁が就任する。市場は新総裁 をハト派と認識している」とし、「これは円に重しとなる可能性が高 い」と続けた。

原題:Euro Falls to 3-Month Low as Cyprus Lawmakers Reject Bank Levy(抜粋)

◎米国株:下落、キプロスの預金課税法案否決で欧州懸念

19日の米国株は下落。キプロス議会は銀行預金課税を実施する法 案を否決した。

鉄鉱石生産会社クリフス・ナチュラル・リソーシズは6.6%下落。 ゴールドマン・サックス・グループが鉄鉱石価格の見通しを引き下げた ことが嫌気された。医薬品販売2位のカーディナル・ヘルスも安い。ド ラッグストアチェーン大手ウォルグリーンとの契約は更新されないこと が明らかになった。ウォルグリーンは5.4%上昇した。

S&P500種株価指数は0.2%安の1548.34。ダウ工業株30種平均 は3.76ドル上昇して14455.82ドル。

ウェルズ・ファーゴ・アドバンテージ・ファンズのチーフ株式スト ラテジスト、ジョン・マンリー氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対 し、「欧州が望ましくない状況にあるのは明らかだ」と述べ、「今後数 週間は変動が大きいだろう」と述べ、「住宅市場に底堅さが見受けられ る。それが米国の個人消費に寄与している」と続けた。

キプロス議会が銀行預金課税法案を否決したことによって、欧州が 提示した救済案は宙に浮き、ユーロ圏が再び混迷を深めるリスクが高ま った。欧州当局者らは先週、キプロスに対する100億ユーロの救済融資 の条件として、異例の銀行預金課税を通じた58億ユーロの捻出を求め た。

キプロス議会の採決結果を受け、欧州中央銀行(ECB)が「必要 に応じて既存のルールの範囲内で」キプロスに流動性を提供する意思を あらためて表明すると、取引終盤に株価は下げ幅を縮小した。

住宅着工

朝方発表された2月の米住宅着工は前月比で増加。これを手掛かり にS&P500種は買いが先行していた。米商務省の発表によると、住宅 着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は91万7000戸と、前月 から0.8%増加した。前月は91万戸と、速報値の89万戸から上方修正さ れた。先行指標となる住宅着工許可件数は4.6%増の年率94万6000戸。 市場予想の中央値は92万5000戸だった。

S&P500種は2009年の底値の2倍を上回り、米株式の強気相場は 今月、5年目に突入した。予想を上回る企業決算や量的緩和策を背景に 株価が上昇し、S&P500種は先週、2007年の最高値に2ポイント未満 に迫った。ダウ平均は先週、最高値を更新した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は2日間にわたる政策決定会合 をこの日開始した。

VIXが上昇

米国株オプションの指標であるシカゴ・オプション取引所 (CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は7.7%上昇して14.39。 前日は18%上昇した。

S&P500種産業別10指数は6指数が下落。エネルギー株や消費者 サービス株、金融株が特に下げた。

ネットワーク機器のジュニパー・ネットワークスは5.3%安。ゴー ルドマン・サックスは同社の株式投資判断を「中立」から「売り」に引 き下げた。米シスコシステムズや仏通信機器メーカー、アルカテル・ル ーセントとの競争が理由。

カーディナルは8.2%安。同社はウォルグリーンと締結していた医 薬品流通契約について、8月の契約期限後に更新されないと述べた。カ ーディナルの昨年の売上高のうち、ウォルグリーンとの取引が約21%を 占める。

原題:U.S. Stocks Fall Amid Europe Concern as Cyprus Rejects Bank Levy(抜粋)

◎米国債:3日続伸、キプロス情勢の混乱で逃避需要

米国債相場は3日続伸。10年債利回りは2週間ぶりの水準に低下 した。キプロス救済をめぐる混乱で欧州の債務危機が悪化するとの懸 念から、米国債への逃避需要が高まった。

2日間の日程でこの日始まった米連邦公開市場委員会(FOMC) は、債券購入の継続を決定すると予想されている。2月の米住宅着工件 数と着工許可件数が大きく増えたものの、米国債は堅調を維持した。キ プロス議会は救済獲得の前提となっていた銀行預金課税を実施するため の法案を否決した。

ナビゲート・アドバイザーズ(コネティカット州スタンフォード) のマネジングディレクター、トーマス・ディガロマ氏は「米金融当局に とって、キプロスは思いがけない展開となっている。米国債に引き続き かなりの需要がある。欧州の他の国に問題が波及することが懸念されて いる」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.9%。一時は1.89%と、3 月5日以来の低水準を付けた。10年債(表面利率2%、2023年2月償 還)価格は15/32上げて100 7/8。

30年債利回りは6bp低下の3.13%。一時は6日以来の水準とな る3.11%に低下した。

「質への逃避」

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・コ ミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「質への逃避買いに他ならない」と 述べた。さらに「FOMCは景気が幾らかは改善していると言及せざる を得ない。データが変化しているため、FOMCが姿勢を幾らか変更す ることを現在の市場はかなり憂慮している」と語った。

米国債はここ2週間で最も割高な水準にある。連邦準備制度理事会 (FRB)のエコノミストが開発した金融モデルに基づくタームプレミ アム(期間に伴う上乗せ利回り)によると、10年債のタームプレミアム はマイナス0.71%と、3月5日以来の割高な水準。マイナスのタームプ レミアムは、適正水準を下回る利回りでも投資家が積極的に受け入れて いることを意味する。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によると、 期間10年以上の米国債は同年限の他国の国債に比べ、2011年以降で最も 割安な水準近辺で推移している。米国債利回りは14日に他の国債指数 を54bp上回り、2011年8月以来で最大となった。18日の同スプレッド は53bpだった。

キプロス議会が否決

キプロス議会が同国救済融資の条件に挙げられている銀行預金課税 を実施する法案を否決し、欧州が提示した救済案は宙に浮き、ユーロ圏 が再び混迷を深めるリスクが高まった。これを背景に米国債利回りはこ の日の低水準近くにとどまった。議会は挙手による採決を実施。36人が 反対、19人が棄権した。賛成はゼロだった。欧州当局者らは先週、キプ ロスに対する100億ユーロの救済融資の条件として、銀行預金課税を通 じた58億ユーロの捻出を求めた。

欧州中央銀行(ECB)が声明を発表すると、米国債は伸び悩ん だ。ECBは「キプロス議会の決定を受け止め、欧州連合(EU)欧州 委員会および国際通貨基金(IMF)のトロイカパートナーと連絡を取 り合っている」と表明。「ECBは既存ルールの範囲内で必要に応じて 流動性を供給するとの方針を再確認する」と続けた。

原題:Treasuries Climb for a Third Day on Cyprus Concern as Fed Meets(抜粋)

◎NY金:続伸、3週間ぶり高値-欧州危機への懸念で逃避買い

ニューヨーク金先物相場は続伸。3週間ぶりの高値となった。欧 州の債務危機が深刻化するとの懸念を背景に、金への資金逃避が活発 化した。

キプロス議会はこの日、異例の預金課税を実施する法案を否決し た。同課税は欧州当局者が救済の条件として求めたもの。米連邦公開市 場委員会(FOMC)はこの日、2日間の日程で会合を開始した。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで、「キプロスが大きな問題になっており、それが及ぼす影響を投 資家は心配している」と指摘。「FOMCが緩和措置を終了する時期が 注目されている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%高の1オンス=1611.30ドルで終了。一時は1615ドル と、中心限月としては先月26日以来の高値をつけた。

原題:Gold Jumps to 3-Week High Amid European Concern; Palladium Drops(抜粋)

◎NY原油:反落、キプロス議会の預金課税法案否決で売り

ニューヨーク原油先物相場は反落。キプロス議会が銀行預金に課 税する法案を否決したことを受け、欧州債務危機が深刻化するとの懸 念が強まった。北海ブレント原油との価格差はバレル当り15ドル未 満に縮小した。

欧州の当局者はキプロス救済の条件として預金への課税を通じて58 億ユーロ調達するよう求めていたが、同国のアナスタシアディス大統領 は議会の承認を得ることができなかった。ユーロは対ドルで3カ月ぶり の安値に下げた。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「キプロスの問題でドルが上昇、商品に下押し 圧力がかかった」と指摘。「この日のキプロス採決はユーロ圏の状況が いかに不安定であるかを浮き彫りにしている。今年は欧州情勢が原油に とって大きな下向きリスクだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.58ドル(1.69%)安の1バレル=92.16ドルで終了。先月21日以来 の大幅下落となった。4月限は20日が最終取引日。5月限はこの日1.59 ドル安の92.52ドル。

原題:Oil Tumbles After Cypriot Lawmakers Reject Tax on Bank Deposits(抜粋)

◎欧州株:3日続落、キプロス議会が預金課税案を否決との観測

19日の欧州株式相場は3営業日続落。キプロス議会が救済確保に必 要な58億ユーロ規模の銀行預金課税法案を可決しない可能性があると、 アナスタシアディス大統領の発言が伝わったことが背景。

ギリシャ・ナショナル銀行が大きく下げるなど、銀行銘柄で構成さ れる指数は年初来安値を付けた。英・豪系鉱山会社リオ・ティント は2011年以降で最もきつい下げ。ゴールドマン・サックス・グループが 投資判断を引き下げた。ドイツの製鉄会社、ティッセンクルップは1年 ぶり大幅安。増資を検討しているとのリポートが売り材料。スイスの高 級品メーカー、フィナンシエール・リシュモンはほぼ2カ月ぶりの大幅 下落。ある投資家が約700万株売却したことが嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の295.55で引けた。4年半 ぶり高値を先週付けて以降、1%下落している。前日は一時、1.2%安 となる場面もあった。

クレディ・スイス・プライベート・バンキング(ロンドン)のポー トフォリオ戦略責任者、マイケル・オサリバン氏はブルームバーグテレ ビジョンに対し、「キプロスは欧州当局がどのように機能しているかを 明らかにし始めた」とし、「欧州全体で銀行業界を改革するための柱の 1つは預金者保護だったが、今となっては残念ながら議題から外され た。その他の周辺国では銀行の債務借り換えが増えるだろう」と語っ た。

16日発表された銀行預金課税の法案について、キプロス議会で議論 が始まった。

この日の西欧市場ではアイルランドとデンマークを除く16カ国で主 要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Fall Amid Concern Cyprus Will Reject Bank Levy (抜粋)

◎欧州債:独債上昇、ギリシャ債急落-キプロス否決の観測で

19日の欧州債市場でドイツ10年債は4営業日続伸。キプロス では救済資金の確保に必要な銀行預金課税の法案審議が議会で始ま ったが、否決されるとの懸念が高まっている。

独10年債利回りは11週間ぶり低水準を付けた。キプロスの アナスタシアディス大統領が法案否決の公算は高いと発言し、欧州 では最上級格付けを付与された国債を求める動きが加速した。マー ケット・ニュース・インターナショナルはキプロスのサリス財務相 が辞表を提出したと報道。同国やギリシャの国債が大きく下げたほ か、スペイン国債も軟調となった。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ロンドン 在勤)は「キプロス議会は法案を採決しようと審議中だが、同国か ら伝え聞かれる様子からすると、法案は通過しそうにない」と発言。 「リスクオフの状況で、ドイツ国債が一段高となっている。財務相 は辞表を提出したが受理されていない感じだ。ここから先、一体ど うなるのか誰にも良く分からない」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.35%。1月 2日以来の低水準となる1.34%まで下げる場面もあった。同国債 (表面利率1.5%、2023年2月償還)価格は0.565上げ

101.415。2年債の利回りは2p下げ0.002%。一時はマイナス

0.006%まで下げ、1月2日以来の最低となった。

キプロス政府は救済の条件として確保を求められている58億 ユーロを調達する別のシナリオについて作業中だと、フォティオ国 防相がギリシャのテレビ局スカイに述べた。預金課税法案が通過し なかった場合に備えた代替策も検討しているという。審議の模様は 国営のRIKテレビが中継した。採決はキプロス時間午後8時ごろ に行われるという。

キプロス国債

キプロス国債は大きく下げ、2020年2月償還債(表面利 率4.625%)の利回りは221bp上昇し12.34%。ブルームバー グがまとめた終値データによれば、これは1月17日以来の高水準。 2015年11月償還債の利回りは567bp上げ19.07%。

ギリシャ国債は7日続落し、昨年11月2日以降で最長の下げ となった。10年債利回りは一時85bp上昇の12.12%と、昨年 12月20日以来の高水準に達した。

英国債相場は4営業日続伸。10年債利回りは年初来の最低を付 けた。キプロス問題でユーロ圏債務危機が悪化するとの懸念が背景。

ロンドン時間午後5時現在の利回りは前日比7bp低下の

1.83%。これは昨年12月28日以来の低水準。同国債(表面利率

1.75%、2022年9月償還)価格は0.565上げ99.31。

原題:German Bunds Rise as Cyprus Tax Debate Starts; Greek Bonds Slump(抜粋) Gilt Yield Falls to Lowest This Year as Cyprus Boosts Safety Bid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE