NY銅:続落、7カ月ぶり安値-欧州混迷で需要減の観測

19日のニューヨーク銅先物相場は続 落し、ほぼ7カ月ぶりの安値となった。欧州債務不安で域内経済に悪影 響が及び、金属需要が落ち込むとの観測が強まった。

キプロス議会はこの日、異例の預金課税を実施する法案を否決し た。同課税は欧州当局者が救済の条件として先週末に提案したもの。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比0.7%安の1ポンド=3.4055ドル。引け後には一 時3.388ドルと、中心限月としては昨年8月21日以来の安値をつけた。

原題:Copper Drops to Lowest Since August on European Fiscal Turmoil(抜粋)

--取材協力:Patrick Donahue.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE