NY金(19日):続伸、3週間ぶり高値-欧州危機懸念で逃避

ニューヨーク金先物相場は続伸。3 週間ぶりの高値となった。欧州の債務危機が深刻化するとの懸念を背景 に、金への資金逃避が活発化した。

キプロス議会はこの日、異例の預金課税を実施する法案を否決し た。同課税は欧州当局者が救済の条件として求めたもの。米連邦公開市 場委員会(FOMC)はこの日、2日間の日程で会合を開始した。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで、「キプロスが大きな問題になっており、それが及ぼす影響を投 資家は心配している」と指摘。「FOMCが緩和措置を終了する時期が 注目されている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%高の1オンス=1611.30ドルで終了。一時は1615ドル と、中心限月としては先月26日以来の高値をつけた。

原題:Gold Jumps to 3-Week High Amid European Concern; Palladium Drops(抜粋)

--取材協力:Nicholas Larkin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE