米リバティ・メディア:チャーターの27%を取得-26.2億ドル

資産家ジョン・マローン氏率いる米 リバティ・メディアは、プライベートエクイティ(未公開株、PE)投 資会社から米ケーブルテレビ(CATV)運営のチャーター・コミュニ ケーションズの約27%を買収することで合意した。買収額は約26億2000 万ドル(約2493億円)。

19日の発表資料によると、リバティはアポロ・グローバル・マネジ メント、オークツリー・キャピタル・マネジメント、クレストビュー・ パートナーズの3社が保有するチャーターの株式約2690万株とワラン ト110万本に対し、1株および1本当たり95.50ドルを支払う。5月半ば までに手続きが完了する見込みだ。

チャーターは米ケーブルビジョン・システムズからオプティマム・ ウエストを買収し、キャッシュフローが改善した。チャーターは2009年 末に株式をPE投資会社に引き渡し米連邦破産法の適用下から脱却。そ れ以来、同社の株価は約3倍になっている。

マローン氏は発表文で「チャーターの市場での地位や事業拡大の機 会には満足している。同社はデジタルHD(高精細)テレビやオンデマ ンド・テレビ、高速データ・音声通信を提供する高容量デジタルネット ワークに投資しており、顧客のみならず投資家もその恩恵を受けるだろ う」と述べた。

原題:Liberty Media to Pay $2.62 Billion for 27% Stake in Charter (1)(抜粋)

--取材協力:Edmund Lee、David Carey、James Callan、David Holley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE