2月の英インフレ率2.8%、9カ月ぶり高水準-エネルギー高騰

英国のインフレ率は2月に上昇し、 9カ月ぶり高水準となった。エネルギーコストの急騰で、生産者側の出 荷価格は前月比で事前予想の2倍の伸びとなった。

英政府統計局(ONS)が19日発表した2月の消費者物価指数は前 年同月比2.8%上昇。伸び率は1月の2.7%を上回った。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト35人の調査中央値でも2.8%上昇 が見込まれていた。前月比では0.7%上昇。

同時に発表された生産者物価統計では、2月の出荷価格が前月 比0.8%上昇。これは2011年4月以降で最大の伸び。エコノミスト予想 値は0.4%上昇だった。石油製品の3.7%値上がりが影響した。

エネルギー価格の上昇とポンド安がここ数カ月の物価上昇圧力を高 めた。オズボーン財務相が20日に新たな緊縮予算案を公表するのを控 え、こうした物価動向は消費者に一段の圧迫感を与える。インフレ率が イングランド銀行(中央銀行)の目標である2%を上回る水準にある 中、オズボーン財務相は景気支援に向け、同中銀の責務により柔軟性を 持たせるための何らかの見直しを示唆する可能性がある。

ノムラ・インターナショナル(ロンドン)のエコノミスト、フィリ ップ・ラッシュ氏は「向こう数カ月でインフレ率は上昇し、何年間も目 標には戻らないだろう」と述べ、「インフレ率を目標まで押し下げるべ き時期を一段と明確にする余地が財務相にはある」と語った。

小売物価を除外

発表によれば、2月の英小売物価指数は前年同月比3.2%上昇と、 伸び率が1月の3.3%を下回った。住宅ローン利払いを除いたベースで も3.2%上昇。統計局は今回発表分から小売物価指数を国家統計の対象 から除外した。国際的にみて、最善の手法にのっとっていないことが判 明したため。

2月の英生産者物価統計では、生産者仕入価格が前月比3.2%上昇 と、11年3月以来で最大の伸び。原油の7.1%値上がりが響いた。前年 同月比では2.5%上昇。

原題:U.K. February Inflation Quickens to Fastest in Nine Months (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Evans、Harumi Ichikura.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE