香港株(終了):3日続落-キプロス救済めぐり懸念強まる

香港株式相場は3営業日続落。キプ ロスが救済に向けた銀行預金課税案を承認しない見通しだとの報道を受 け、ハンセン指数は取引終了直前の2時間でそれまでの上げを消した。

ハンセン指数は前日比41.50ポイント(0.2%)安の22041.86で終 了。一時は0.6%上昇する場面もあった。ブルームバーグのデータによ ると、年初からの下落率は2.7%と、先進市場で最悪となった。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前日比0.5%安の10740.05で引けた。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は1.3%安。 中国建設銀行(939 HK)も下げた。一方、石炭火力発電所を運営する華 潤電力(836 HK)は8.1%上昇。18日に市場予想を上回る利益を発表し たことが好感された。同業の華能国際電力(902 HK)や大唐国際発電 (991 HK)も値上がりした。

キムエン証券(香港)の販売トレーディング担当ディレクター、ア ンドルー・サリバン氏は、「投資家は未知のことを恐れている」と指 摘。「キプロス情勢の影響については本当は誰も分からない。経済的な 影響力はほとんどない小国だが、欧州が引き続き脆弱(ぜいじゃく)で あるため、状況をひっくり返す可能性がないとは限らない」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Decline for Third Day on Cyprus Bailout Concern(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh、Aibing Guo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE