NY原油先物時間外:1カ月ぶり高値近辺-在庫は増加観測

ニューヨーク原油先物相場は19日の 時間外取引で1カ月ぶり高値近辺で推移。キプロスの預金課税をめぐる 緊張が緩和された。20日に発表される先週の米原油在庫は増加が予想さ れている。

原油先物相場は小動き。前日の通常取引は一時、1.8%下落した が、そこから反発した。ユーロ圏財務相らはキプロスの預金課税につい て柔軟な姿勢を示唆した。米エネルギー省が発表する先週の原油在庫 は、ブルームバーグ・ニュースの調査だと9週連続の増加が予想されて いる。サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は18日、1バレル当た り約100ドルの原油価格は「妥当」との見方を示した。

ファット・プロフェッツ(シドニー)のアナリスト、デービッド・ レノックス氏は「米国の原油在庫は増えているが、需要が一向に盛り上 がってこない。市場の動因になるような大きな変化はない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限はシンガ ポール時間午後1時28分(日本時間同2時28分)現在、3セント高 の93.77ドルで推移している。5月限は4セント高の94.15ドル。全限月 の取引高は、100日平均を5%上回った。前日の通常取引は29セント高 の93.74ドルで引けた。終値としては2月20日以来の高値。

原題:WTI Trades Near One-Month High; U.S. Crude Supplies Seen Rising(抜粋)

--取材協力:Yee Kai Pin、Ann Koh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE