NY外為(19日):ユーロが対ドルで3カ月ぶり安値

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対し3カ月ぶり安値に下落。キプロスで銀行預金課税法案 が否決され、救済が順調に進まなくなるとの懸念が高まった。

ドルは主要16通貨の大半に対して上昇。米連邦準備制度理事会 (FRB)が19日から2日間の予定で開催している連邦公開市場委員会 (FOMC)では、政策の現状維持が見込まれている。円は逃避需要か ら下げを埋め、主要16通貨全てに対して値上がりした。ユーロはスイ ス・フランに対しては、ここ2年余りで最長の連続下落となった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の 為替・新興市場戦略責任者、デービッド・シモンズ氏は「今の市場環境 ではドルを選好する」とし、「ユーロは対ドルで下落するだろう」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.6%安 の1ユーロ=1.2882ドル。一時11月22日以来の安値を付けた。この日 は200日移動平均の1.2875ドルを下回った。対フランでは0.5%下げ て1.2197フラン。これで7営業日続落と、2010年12月以来の長期連続安 となった。

預金課税の法案否決

ソシエテ・ジェネラルの為替ストラテジスト、セバスチャン・ゲー リー氏は電話取材で、「キプロスでの採決をめぐる不透明感から、市場 ではユーロにとって非常に重要なサポート水準となる1.2872ドル や1.2874ドル、1.2876ドルを模索する動きが出ている」と述べた。

円は対ドルで0.1%高の1ドル=95円16銭。対ユーロでは0.8%上げ て1ユーロ=122円59銭。

キプロス議会は19日、同国救済融資の条件に挙げられている銀行預 金課税を実施する法案を否決した。ユーロ圏の当局者らは、救済融資の 条件として、銀行預金課税を通じた58億ユーロの捻出を求めていた。

キプロスのフォティオ国防相はギリシャのテレビ局スカイに対し、 政府は法案が通過しなかった場合に備えた「代替案」も検討していると 述べた。

シティグループのG10通貨戦略担当責任者、グレッグ・アンダーソ ン氏(ニューヨーク在勤)は「ここ24時間における市場の焦点は、否決 された場合の第2案は何かということだ」と述べた。

円相場

円は対ドルで4営業日続伸。9月以降で最長の連続高となった。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「円はなお相対的に逃避通貨とし ての魅力がある」とし、「ただ当社の円の見通しは弱気だ。今の上昇は 円売りのチャンスと捉えている」と続けた。

日本銀行の白川方明総裁は19日退任した。20日には黒田東彦氏が新 総裁に就任する。こうした中、円は一時下げていた。

ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジ ェーン・フォーリー氏は「近く日銀の新総裁が就任する。市場は新総裁 をハト派と認識している」とし、「これは円に重しとなる可能性が高 い」と続けた。

原題:Euro Falls to 3-Month Low as Cyprus Lawmakers Reject Bank Levy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE