白川日銀総裁:最大限努力も物価安定下の持続的成長になお至らず

19日で退任する日本銀行の白川方明 総裁は、在任した5年間を振り返り、リーマンショックや欧州債務危 機、東日本大震災などに見舞われる中、日銀として「最大限の努力を払 ってきたが、残念ながら物価安定下での持続的成長軌道に復帰するには なお至っていない」と述べた。同日午前の衆院財務金融委員会で答弁し た。

総裁は、デフレ脱却には「日銀による強力な金融緩和が必要だ」と 表明。同時に「競争力・成長力の強化に向けた幅広い主体による取り組 み」が求められるとの認識をあらためて示し、政府の努力も促した。

景気については、世界経済の持ち直しを背景にリスク回避姿勢の後 退から円安・株高が生じていると指摘。「明るい動きが生まれ始めてい る」とし、経済再生へ「現在はチャンスだ」と述べた。課題として潜在 成長率の低下に懸念を表明しつつも、取り組みを進めることで「日本経 済が必ず復活すると信じている」との認識を示した。

一方、物価上昇率2%の目標達成を目指す黒田東彦新総裁に対して は、退任する立場から「新しい総裁に対してこうした席でアドバイスす るというのは差し控えたい」と述べるにとどめた。一方で「日銀として これまでも努力してきたが、新しく努力をしていくと確信している」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE