米EA:CEOが辞任-1~3月決算は予想下回る可能性

米ゲームソフト2位のエレクトロニ ック・アーツ(EA)は、ジョン・リッキティエロ最高経営責任者 (CEO)の辞任を発表した。また、1-3月(第4四半期)決算が従 来の予想を下回る可能性があることを明らかにした。

18日の発表によれば、取締役会が後任を探す間はラリー・プロブス ト会長(63)が経営陣を率いる。リッキティエロ氏は今月30日付で退任 する。

アセンディアント・キャピタル・マーケッツのアナリスト、エドワ ード・ウー氏は、リッキティエロCEOの下で発表された新しいゲーム タイトルの一部は期待外れだったと指摘。「業績があまり芳しくなかっ たわりには長く職にとどまっていた」とした上で、「辞任発表後のEA の株価上昇は、投資家がリッキティエロ氏をさほど支持していなかった ことを示している」と述べた。

EAはこの日、1-3月期決算が1月30日に示した予想を下回る可 能性を明らかにした。同社は当時、一部項目を除く1株利益が57-72セ ント、売上高は調整後ベースで最大11億3000万ドル(約1100億円)との 見通しを示していた。

EA株は時間外取引で3.1%高の19.30ドルを付けた。通常取引終値 は0.9%安の18.71ドルだった。

原題:Electronic Arts CEO Steps Down as Quarter Results Fall Short (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE