「伝説の」米女性先物トレーダー死去-訓練プログラム修了生

米投資会社EMCキャピタル・マネ ジメントの創業者で会長のエリザベス・チェバルが死去した。56歳だっ た。チェバル氏は1980年代に、成果を挙げるトレーディング手法が教授 可能かどうかを試すプログラムで訓練を受けたトレーダーの1人だっ た。

チェバル氏の姉妹、スーザン・マック氏によると、チェバル氏は中 国への出張中、脳動脈瘤に伴う疾患を発症。3日後の9日に北京ユナイ テッドファミリー病院で死去した。

米紙クレインズ・シカゴ・ビジネスによれば、チェバル氏の1990年 までの5年間の年間リターン(投資収益率)は平均107%で、先物資産 運用者として首位となった。チェバル氏がトレーディングを開始した85 年から先月までの同氏とEMCの年間リターンは平均21.1%と、S& P500種株価指数の10.7%を上回った。

チェバル氏の後任としてEMCの会長を務めるジョン・クラウツァ ック氏は18日のインタビューで「彼女はこの業界の伝説的な人物であ り、誰に対しても極めて寛容で親切だった」と述べた。

チェバル氏は数学の学士号を取得後、83年と84年にベテラン商品ト レーダーのリチャード・デニス、ウィリアム・エックハルト両氏が実施 したトレーディングの訓練プログラムに応募。数千人の応募者の中から 選ばれた20人の1人として参加した。このプログラムでは、トレンドに 基づいて売買し利益を上げるトレーディング手法が教授可能かどうかが 試された。

原題:Elizabeth Cheval, EMC Capital Chairman, Dies of Aneurysm at 56(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE