豪中銀のロウ副総裁:豪ドル高と高い貯蓄率が経済安定に寄与

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)のロウ副総裁は19日、通貨高と貯蓄率上昇がインフレ抑制に役立 ち、資源ブームの中でも金利低下を可能にしたとの認識を明らかにし た。

同副総裁はシドニーでの講演で、「通貨高と家計の貯蓄拡大はここ 数年にわたり多くの企業に困難な問題となってきたが、皮肉なことにこ の2つの要因は豪州の良好なマクロ経済動向に必要不可欠だった」と指 摘。「そのおかげで豪州は経済の大きな不均衡を生み出すことなく、一 大投資ブームを消化できた」と分析した。

豪ドル相場は過去2年間の平均が1豪ドル=1.0380米ドルと、それ 以前の20年間の0.7230米ドルから上昇した。金融危機で消費者が慎重に なり、豪州の貯蓄率は2012年10-12月(第4四半期)に10.1%と、06年 1-3月(第1四半期)のマイナス0.1%から急上昇した。

ロウ副総裁は昨年12月までの1年2カ月で計1.75ポイントに及んだ 利下げについて、為替レートの圧力の緩和に役立つことを狙ったと説 明。通貨高が経済の生産性上昇を現在けん引しているとも述べた。

原題:RBA’s Lowe Says Strong Currency, High Savings Stabilize Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE