シティ、危機前の情報公開めぐる米訴訟で和解-700億円支払い

資産規模で米銀3位シティグループ は、金融危機以前のディスクロージャー(情報公開)で虚偽報告や報告 漏れがあったと主張する投資家と和解するため7億3000万ドル(約700 億円)を支払うことで合意した。

シティが18日発表した資料によれば、この合意によりシティの社債 と優先株を2006年から08年11月にかけ購入した投資家が起こした集団訴 訟で和解が成立する。合意は裁判所の承認が必要で、和解金にはすでに 積み立てた訴訟引当金が充てられるという。

同行は資料で「リスク管理を抜本的に見直し、高リスク投融資を減 らす一方で、戦略の中核を成さない資産と事業を削減した」と説明。シ ティの社債48銘柄を購入した投資家を欺いたと主張する原告が08年に同 行をニューヨークのマンハッタンにある連邦地裁に提訴していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE