米ブラックロック:リストラで約300人削減へ-従業員の3%弱

世界最大の資産運用会社、米ブラッ クロックは約300人を削減する。昨年実施した投資部門の刷新などを含 む事業再編の一環。

カピート社長の社内メモによると、従業員の3%弱を削減すること になる。一部従業員は即日退社し、残りも今後数カ月で同社を去る。同 社長は一方で、採用を継続する方針も示し、今年末の従業員数が前年末 を上回る公算が大きいと述べた。

同社長は「特定の職責を移したり一部の役割を異なるビジネス分野 に動かすなどして事業再編に取り組んでいる」と述べ、「こうした措置 により、高い可能性を持った従業員により大きな責任を与える」と説明 した。

20年余り前にカピート社長と共同でブラックロックを創業したロー レンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は買収よりも投資家の資金 を引き付けて事業の拡大を目指しており、昨年8月に資産運用業務の幹 部を経営上層部の役職に就かせた。フィンク氏はまた、ポートフォリオ 管理グループを5つの投資部門に分割し、アクティブ運用のファンドへ の資金流入の回復を図った。

原題:BlackRock to Cut 300 Jobs as Fink’s Reorganization Continues(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE