世界の大手銀行、自己資本不足を20.5兆円圧縮-昨年1-6月

世界の大手銀行は2012年1-6月 (上期)に中核的自己資本を約1660億ユーロ(約20兆5000億円)増やし た。バーゼル銀行監督委員会が19日明らかにした。

バーゼル委によれば、銀行新規則のバーゼル3が12年6月に施行さ れたとの想定に基づくと、世界の101銀行の資本不足は2082億ユーロだ った。11年末には3740億ユーロが不足していた。

銀行の資本増強は進展したものの、米国と欧州連合(EU)はいず れも来年1月の期限までにバーゼル3を導入するのは難しそうだ。銀行 は19年までに完全順守を求められている。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は19日、フランクフル トでのスピーチで、バーゼル3導入のペースは「回復過程にある銀行を 支えるために意図的に調整された」ものだが「今後予想される合意の難 航や業界からの反発も反映している」と述べた。

原題:Banks Cut Basel III Shortfall by $215 Billion in Mid-2012 (1)(抜粋)

--取材協力:Jim Brunsden.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE