新興市場株3カ月ぶり安値、キプロス救済でロシア株急落

18日の新興市場株式相場は3カ月ぶ りの安値に急落。欧州によるキプロス救済計画を受けて、金融市場がさ らに混乱するとの懸念が強まる中、ロシア株を中心に売られた。新興国 通貨も下落し、借り入れコストは上昇した。

ロシア2位の銀行、VTBグループは10カ月ぶりの大幅安。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は年初来高値から12%値下がりした。JPモ ルガン・チェースが中国株の投資判断を引き下げたのが響いた。ハンガ リーの通貨フォリントは対ユーロで1年2カ月ぶりの安値を付けた後、 下げ渋った。一方、ブラジル株の指標のボベスパ指数は反発。

MSCI新興市場指数は18日のニューヨーク市場で6営業日続落 し、1.2%安の1030.11。ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は16 日、キプロス支援の条件として同国銀行預金者への課税という前例のな い措置を盛り込むことで合意した。米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスによると、キプロスで登記された企業へのローンを 含めるとロシアが抱える「エクスポージャー」は約600億ドル(約5 兆7180億円)。

INGインベストメント・マネジメントの分散投資担当責任者、ポ ール・ゼムスキー氏(ニューヨーク在勤)は、「キプロス自体の問題と いうよりも、欧州リスクはまだ残っていることを再認識させるものだ」 と指摘。「銀行システムへの信頼が揺らいだ」と付け加えた。

原題:Emerging Stocks Fall to 3-Month Low on Cyprus as Russia Plunges(抜粋)

--取材協力:Michael Patterson、Anuchit Nguyen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE