NY原油:続伸、1カ月ぶり高値-欧州がキプロスに柔軟姿勢

ニューヨーク原油先物相場は3営業 日続伸。ほぼ1カ月ぶりの高値となった。前代未聞の銀行預金課税を盛 り込んだキプロス救済について、欧州の政策当局者らが柔軟な姿勢を示 したことが手掛かり。

欧州当局者は小口預金者の負担軽減はキプロス次第だとの姿勢を示 した。これより先には、銀行預金への課税により、欧州債務危機が悪化 するとの懸念から原油は一時1.8%下落する場面もあった。ダウ工業 株30種平均は一時100ドル超下落したが、下げ幅を縮小。ユーロは対ド ルで下げ渋る展開となった。原油は100日および200日移動平均を下回る 動きが続かなかったことも、買い戻しにつながった。

タイチ・キャピタル・アドバイザーズの商品ファンドマネジャー、 タリク・ザヒル氏は「欧州にとってこの世の終わりというわけではな い」と指摘。「市場はこの先の展開を見極めようとしている。株式相場 がかなり力強く戻しており、ドルはこの日の高値を離れた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前週末 比29セント(0.31%)高の1バレル=93.74ドル。終値としては2月20 日以来の高値となった。一時は91.76ドルまで下げた。

原題:WTI Rises to One-Month High as Europe Signals Cyprus Flexibility(抜粋)

--取材協力:Lananh Nguyen、Mark Shenk.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE