スイス中銀は超過準備にマイナス金利を、通貨高なら-IMF

国際通貨基金(IMF)はスイス・ フランに再び上昇のリスクが出てきた場合、スイス国立銀行(中央銀 行)は市中銀行の超過準備にマイナス金利を適用すべきだと指摘した。

IMFは協定第4条に基づく年次協議の後、18日に声明を発表し、 ユーロ圏債務危機に伴うリスクを踏まえると、スイス中銀が2011年に設 定した1ユーロ=1.20フランの上限は維持されるべきだと説明した。

IMF派遣団の責任者、エンリカ・デトラギアシュ氏はベルンでの 記者会見で、「新たに上昇圧力が見られた場合、スイス中銀は市中銀行 の超過準備にマイナス金利を導入すべきだと、IMFは考えている」と 語った。

原題:SNB Should Use Negative Rates If Franc Appreciates, IMF Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE