香港株(終了):ハンセン指数、3カ月半ぶり安値

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が約3カ月半ぶりの安値を付けた。キプロス救済の一環として同国の銀 行預金に課税する案が合意されたことで、HSBCホールディングスを 中心に金融株が売られた。

ハンセン指数は前週末比449.75ポイント(2%)安の22083.36と、 昨年12月4日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数 は2.1%安の10794.70で引けた。同指数は2月1日に付けた高値か ら12%下落し、いわゆる相場調整局面に入った。

欧州最大の銀行、HSBC(5 HK)は2.3%安と、1カ月ぶりの大 幅な下落となった。欧州を最大市場とする香港の衣料小売りのエスプ リ・ホールディングス(330 HK)や、リー・アンド・フォン(利 豊、494 HK)も値下がりした。

米ペプシコと提携する康師傅(322 HK)は3.8%安。通期利益が市 場予想を下回った。世茂房地産(813 HK)など不動産株も下落。統計で 中国の新築住宅値上がりが示されたことで、政府が不動産抑制策を拡大 するとの懸念が広がった。

ホワイト・ファンズ・マネジメントのマネジングディレクター、ア ンガス・グラスキー氏(シドニー在勤)は、「キプロスの避けられない 救済が実施されることになったが、良くない前例を作っている」と指 摘。「財政的な影響は取るに足らないが、投資家は売る理由を探してい たことから、市場は否定的な反応をしている」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Drop, Led by HSBC, as Europe, China Prompt Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE