米パトナム、新たに投資信託6本を発売-顧客流出食い止めへ

米投資信託会社パトナム・インベス トメンツは、新たに投資信託6本を発売した。うち2本は株価変動リス クを回避したい投資家を対象にしている。ロバート・レイノルズ最高経 営責任者(CEO)による同社立て直しの取り組みは5年目に入ってい る。

パトナムは18日の発表資料で、新商品の発売に伴い、投資家に資産 を分散して相場変動の拡大や増税、金利上昇に備えるよう促すため、販 売キャンペーンを行うことを明らかにした。その他の新商品は、新興市 場債券ファンド、配当金重視の世界株式ファンド、地方債ファンド2 本。

パトナムは2008年のレイノルズ氏のCEO就任以来、新ファンド26 本を発売。同CEOは株式部門を再編し、新たな人材を採用した。好調 時にはファンドの運用成績が高評価を受けたものの、運用資産の減少を 食い止められていないほか、07年に同社を買収した親会社パワーに対し ても利益を出していない。

同社は11年に10年ぶりにネットベースで資金流入となったが、12年 には再び17億9000万ドル(約1700億円)の資金流出となっている。

原題:Putnam’s Reynolds Fights Customer Flight Offering Six New Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE