米銀増配でバフェット氏は1.2億ドル収入増-ダイモン氏も恩恵

米大手金融機関のJPモルガン・チ ェースやウェルズ・ファーゴ、アメリカン・エキスプレス(アメック ス)、USバンコープが相次ぎ増配を発表したことで、資産家ウォーレ ン・バフェット氏の配当収入は今後、毎年1億2000万ドル(約113億 円)増える。JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者 (CEO)も185万ドルの収入増となる。

バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが大 株主となっているウェルズ・ファーゴは20%、アメックスは15%、US バンコープは18%のそれぞれ増配を発表した。米国2位の資産家である バフェット氏が個人的にも株式を保有していると言うJPモルガンは、 配当を27%引き上げた。ダイモンCEOはJPモルガン株を578万株持 っている。

こうした大きな収入がもたらされるのは、米大手金融機関18社中16 社が米連邦準備制度理事会(FRB)のストレステスト(健全性審査) で資本計画を承認されたからだ。投資家は2008年の信用危機時に破綻回 避のため減額された配当の復活を強く要求していた。

バフェット氏は3月1日付の株主宛て書簡でウェルズ・ファーゴや アメックスなどバークシャーが大株主となっている金融機関の資本計画 について言及し、「われわれは増配や適切な価格での自社株買いを好感 する」と述べていた。

原題:Buffett Gets $120 Million as New Bank Payouts Hand Dimon Raise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE