キプロス預金課税で短期的に緊張感、危機ではない-豪AMP

オーストラリアのAMPキャピタ ル・インベスターズの戦略責任者、シェーン・オリバー氏は、キプロス の預金課税が市場にもたらす影響について以下の通りコメントした。

「短期的には欧州全体への新たな感染に対する若干の懸念につなが る恐れがある。ここしばらくはリスクオンの動きと株価の全般的な上昇 が見られていたため、リスクオフがある程度促されるだろう。そのた め、欧州情勢がさらにはっきりするまで、やや厳しい状況となる恐れが ある」

「3年前だったら米経済が今よりも大幅に不安定で中国がハードラ ンディングする懸念も現在より強かったため、かなり心配する必要があ った。現在アイルランドとポルトガル、スペインで救済が進み、欧州発 の経済指標も悪化ではなく改善されつつある。全般的な傾向は下向きで はなく、上向きだ。世界全体が力強さを増している局面で預金課税が問 題となっている」

原題:Cyprus Sparks Short-Term Nervousness, Not Crisis: AMP’s Oliver(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE